フリー走行3:D.ペドロサがシーズン初の1番時計を記録

Saturday, 20 April 2013

初日総合2番手のペドロサが最速ラップを刻み、今季初めての1番時計を記録。初日総合1番手のマルケスは転倒を喫したが、コンマ3秒差の2番手。ロレンソ、クラッチロー、ブラドルが続き、ロッシは1.7秒差の7番手。CRT勢の最高位は11番手のエスパルガロ。初日総合18番手の青山は、5.2秒差の20番手に後退した。

第2戦アメリカズGPのフリー走行3は20日、サーキット・オブ・ジ・アメリカズで行われ、ダニ・ペドロサがトップタイムをマーク。3度のフリー走行を制した。

気温15度。路面温度20度のドライコンディションの中、初日総合2番手のペドロサは、2分05秒台を3回、2分04秒台を2回記録。2分04秒408秒の1番時計を刻み、フリー走行総合1番手に浮上した。

フリー走行1から連続してセッションを制したマルク・マルケスは、1ラップ目の19コーナーで転倒を喫したが、2分05秒台を5回、2分04秒台を2回記録して、0.387秒差の2番手。

初日総合4番手のホルヘ・ロレンソは、2分05秒台を6回記録。0.887秒差の3番手に浮上すると、初日総合6番手のカル・クラッチローは、2分05秒台を4回記録。1.222秒差の4番手に進出した。

初日総合3番手のステファン・ブラドルと初日総合7番手のアンドレア・ドビツィオーソは、2分05秒台を1回記録して、5番手と6番手。

初日総合5番手のバレンティーノ・ロッシは、最多18ラップを周回して、2分06秒台を7回記録。1.765秒差の7番手に入り、アルバロ・バウティスタ、ニッキー・ヘイデン、ベン・スピースがトップ10入りして、公式予選2への進出を決めた。

CRT勢では、初日総合11番手のアレックス・エスパルガロが2.741秒差の11番手。10番手に0.287秒差で公式予選2への直接進出を逃した。

初日総合18番手の青山博一は、16ラップを周回して、2分10秒台を3回、2分09秒台を1回記録。5.267秒差の20番手、CRT勢では、2.526秒差の8番手だった。

TAGS Americas

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising