フリー走行2:D.ペドロサが初日連続の1番時計発進

motogp pedrosa fp2 le mans
Friday, 17 May 2013

前戦スペインGPで今季初優勝を飾ったランク2位のペドロサが、フリー走行1とフリー走行2で最速ラップを刻み、今季初めて初日総合1番手に進出。ポイントリーダーのマルケス、ランク4位のロッシ、ランク3位のロレンソが続き、ブラドルがサテライト勢最高位の5番手に進出。CRT勢ではエスパルガロが1秒差の10番手。青山は2.7秒差の20番手、CRT勢で8番手だった。

第4戦フランスGPのフリー走行2は17日、ルマン-ブガティ・サーキットで行われ、ダニ・ペドロサがトップタイムをマーク。初日総合1番手に進出した。

気温19度。路面温度35度のドライコンディションの中、フリー走行1を制したペドロサは、最多21ラップを周回して、1分34秒台を最多の9回記録。1分34秒035の1番時計を刻み、昨年10月の第16戦マレーシアGP以来となる初日総合1番手に進出。初日2連続のトップタイムは、昨年8月の第12戦チェコGP以来10戦ぶりとなった。

フリー走行1で7番手のマルク・マルケスは、1分34秒台を7回記録して、0.134秒差の2番手に浮上。

フリー走行1で3番手のバレンティーノ・ロッシは、午前に続き最多ラップを周回。1分34秒台を7回記録して、0.138秒差の3番手を維持。

フリー走行1で2番手のホルヘ・ロレンソは、1分34秒台を最多の9回記録して、0.166秒差の4番手。

フリー走行1で9番手のステファン・ブラドルは、1分34秒台を7回記録して、0.1264秒差の5番手に浮上すれば、フリー走行1で6番手のカル・クラッチローは、1分34秒台を3回記録して、0.477秒差の6番手。アンドレア・ドビツィオーソ、ニッキー・ヘイデン、アルバロ・バウティスタまでが、コンマ7秒以内に接近。

CRT勢では、フリー走行1で11番手だったアレックス・エスパルガロが、1分35秒台を6回記録して、1.010秒差の10番手に進出。

前戦後に右前腕上がり症状の手術を受けたアンドレア・イアンノーネは、14ラップ目の最終コーナーの立ち上がりで転倒を喫して、ブラドリー・スミスに次ぐ12番手。

負傷代役に指名されたミケーレ・ピロは、ベン・スピース車を使用して、地元出身のランディ・ド・プニエに次ぐ14番手。

第2戦アメリカズGPで右鎖骨を脱臼骨折したカレル・アブラハムは、午前に16ラップ、午後に18ラップを周回して18番手。

フリー走行1で16番手だった青山博一は、3度のコースインで19ラップを周回。1分37秒台を5回、1分36秒台を2回記録して、2.786秒差の20番手、CRTで1.776秒差の8番手だった。

TAGS France

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising