フリー走行2:D.ペドロサが今季2度目の初日総合1番手

motogp pedrosa fp2 sepang
Friday, 11 October 2013

フリー走行1で今季2度目の1番手発進を決めたランク3位のペドロサが、今季2度目の初日連続1番時計で、ルマン以来11戦ぶりに今季2度目の初日総合1番手に進出。マルケス、クラッチロー、ロッシ、バウティスタが続き、ロレンソは6番手。青山は初日総合17番手だった。

第15戦マレーシアGPのフリー走行2は11日、セパン・インターナショナル・サーキットで行われ、ランク3位のダニ・ペドロサがトップタイムをマーク。第4戦フランスGP以来今季2度目の初日総合1番手に進出した。

気温29度。路面温度39度のドライコンディションの中、フリー走行1でルマン以来となる1番手発進を決めたペドロサは、2分01秒台を7回、2分00秒台を1回記録。2分00秒554の1番時計を刻んだ。

週末最初のプラクティスで2番手だったマルク・マルケスは、2分01秒台を6回記録して、0.533秒差の2番手を維持。

午前のプラクティスで6番手だったカル・クラッチローは、2分01秒台を3回記録して、0.869秒差の3番手に浮上。

フリー走行1で5番手のバレンティーノ・ロッシは、3度のコースインで最多の18ラップを周回。2分01秒台を6回記録して、0.984秒差の4番手に進出。

今季7度目の転倒を喫したアルバロ・バウティスタは、2分01秒台を1回記録して、1.105秒差の5番手。

3番手発進したホルヘ・ロレンソは、2分01秒台を3回記録して、タイムを更新できずに1.156秒差の6番手に後退。ステファン・ブラドル、ニッキー・ヘイデン、アンドレア・ドビツィオーソ、ブラドリー・スミスがトップ10入り。

CRT勢では、アレックス・エスパルガロが、2.056秒差の11番手。

フリー走行1で14番手だった青山博一は、3度のコースインで18ラップを周回。2分04秒台を8回記録したが、タイムを更新できず、3.860秒差の17番手。初日総合17番手だった。

TAGS Malaysia

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising