フリー走行2:中上貴晶が2戦連続の初日総合1番手

Moto2™ is powered by
nakagami moto2 fp2 aragon
Friday, 27 September 2013

後半戦4戦連続2位を連取して、ランク5位に浮上した中上は、今季12度目の最速ラップを刻み、前戦ミサノに続いて2戦連続の初日総合1番手に進出。ラバットは最速リズムで周回を重ねて2番手。テロール、ザルコが続き、レディングは5番手、エスパルガロは11番手だった。

第14戦アラゴンGPのフリー走行2は27日、モーターランド・アラゴンで行われ、ランク5位の中上貴晶がトップタイムをマーク。今季12度目の1番時計で、2戦連続の初日総合1番手に躍り出た。

気温30度。路面温度38度のドライコンディションの中、フリー走行1で6番手だった中上は、3度のコースインで15ラップを周回。1分55秒台を5回、1分54秒台を1回記録して、1分54秒325の1番時計を刻んだ。

フリー走行1で2番手だったエステベ・ラバットは、2度のコースインで最多の21ラップを周回。1分55秒台を10連続、1分54秒台を6連続記録して、0.032秒差の2番手を維持。

週末最初のプラクティスで今季3度目の1番時計を記録したニコラス・テロールは、1分55秒台を5回、1分54秒台を4回記録して、0.239秒差の3番手。

23日から2日間、当地から約100キロの位置にあるスペイン・カタルーニャ州のアルカラス・サーキットでプライベートテストを実行したヨハン・ザルコは、1分55秒台を8回、1分54秒台を3回記録して、午前の9番手から0.561秒差の4番手。

先週18日に右前腕上がり症状を解消する手術を受けたスコット・レディングは、1分55秒台を3回記録して、フリー走行1の10番手から0.703秒差の5番手に浮上。トーマス・ルティ、フリアン・シモン、マンセル・シェレッター、シモーネ・コルシ、アレックス・デ・アンジェリスがトップ10入り。

フリー走行1で8番手だったポル・エスパルガロは、1分55秒台を8回記録。タイム更新できずに、1.057秒差の11番手に後退した。

TAGS Aragon

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising