フリー走行2:中上貴晶が今季初の初日総合1番手に進出

Moto2™ is powered by
nakagami moto2 fp2 misano
Friday, 13 September 2013

フリー走行1で今季2度目の1番手発進を決めた中上が、フリー走行2を制して、今季初めて初日総合1番手に進出したが、ハードクラッシュを喫すれば、エスパルガロ、ラバット、レディング、ザルコがトップ5入り。初参戦のアズランは、33人中総合30番手だった。

第13戦サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGPのフリー走行2は13日、ミサノ・ワールド・サーキット‐マルコ・シモンセリで行われ、中上貴晶がトップタイムをマークした。

気温25度。路面温度39度のドライコンディションの中、フリー走行1で第10戦インディアナポリスGP以来2度目の1番手発進を決めた中上は、3度のコースインで19ラップを周回して、1分38秒台を10回記録。1分38秒291の1番時計を刻み、初の初日総合1番手に進出したが、20ラップ目に今季4度目の転倒を喫した。

週末最初のプラクティスで6番手だったポル・エスパルガロは、3度のコースインで最多の23ラップを周回。1分38秒台を10回記録して、0.001秒差の2番手に浮上。

午前のプラクティスで2番手だったエステベ・ラバットは、1分38秒台を8回記録して、0.030秒差の3番手。

フリー走行1で4番手のスコット・レディングは、1分38秒台を9回記録して、0.366秒差の4番手。ヨハン・ザルコ、トーマス・ルティ、フリアン・シモン、ミカ・カリオ、チャビエル・シメオン、マティア・パシーニがトップ10入り。

イデミツ・ホンダ・チーム・アジアからのデビュー戦となるアズラン・シャー・カマルザンは、2.814秒差の30番手だった。

TAGS San Marino

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising