フリー走行3:E.ラバットが2戦連続のフリー走行総合1番手に進出

Moto2™ is powered by
rabat fp3 moto2 australia
Saturday, 19 October 2013

初日に2度目の1番時計を記録したラバットが、週末3度目の最速ラップ&最速リズム。2戦連続のフリー走行総合1番手に進出すれば、エスパルガロ、カリオ、デ・アンジェリス、レディングが続き、日本勢の中上と野左根は、16番手と30番手だった。

第16戦オーストラリアGPのフリー走行3は19日、フィリップアイランド・グランプリ・サーキットで行われ、ランク3位のエステベ・ラバットがトップタイムをマーク。前戦マレーシアGPに続いて、フリー走行総合1番手に進出した。

気温22度。路面温度24度のドライコンディションの中、初日に連続して1番手に進出したラバットは、3度のコースインで最多の25ラップを周回すると、1分33秒台を最多の18回、1分32秒台を1回記録。1分32秒771の1番時計を刻んだ。

初日総合3番手のポル・エスパルガロは、1分33秒台を14回、1分32秒台を2回記録して、0.169秒差の2番手。

初日総合10番手のミカ・カリオは、23ラップ中18ラップのロングランを実行すると、1分33秒台を14回記録して、0.324秒差の3番手に浮上。

初日総合5番手のアレックス・デ・アンジェリスは、1分33秒台を5回記録して、0.417秒差の4番手。

初日総合2番手のスコット・レディングは、1分33秒台を17回記録して、0.448秒差の5番手。ヨハン・ザルコ、ドミニケ・エジャーター、トーマス・ルティ、ジョルディ・トーレス、ニコラス・テロールがトップ10入り。

初日総合14番手の中上貴晶は、3度のコースインで18ラップを周回すると、1分33秒台を4回記録して、1.063秒差の16番手。

初日総合30番手の野左根航汰は、3度のコースインで21ラップを周回すると、1分36秒台を10回記録して、3.381秒差の30番手だった。

TAGS Australia

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
続きを読む »
Advertising