フリー走行2:A.リンスがサーキットベストラップを更新

rins fp2 aragon moto3
Friday, 27 September 2013

フリー走行1で5番手だったランク2位のリンスが、サーキットベストラップを更新。ルマン、ザクセンリンク、ミサノに続き、初日総合1番手に進出すると、ビニャーレス、サロン、オリベイラ、カイルディンがトップ5入り。当地でレース経験がある渡辺は、総合31番手だった。

第14戦アラゴンGPのフリー走行2は27日、モーターランド・アラゴンで行われ、ランク3位のアレックス・リンスがトップタイムをマーク。2戦連続4度目の初日総合1番手に進出した。

気温28度。路面温度39度のドライコンディションの中、フリー走行1で5番手だったリンスは、2分00秒台を4回、1分59秒台を1回記録。サーキットベストラップを更新する1分59秒801の1番時計を刻んだ。

週末最初のプラクティスでサーキットベストラップを書き換えて、2戦連続5度目の1番時計発進を決めたマーベリック・ビニャーレスは、2分00秒台を4回、1分59秒台を1回記録して、0.160秒差の2番手。

午前のプラクティスで2番手だったルイス・サロンは、2分00秒台を5回記録して、0.428秒差の3番手。

2日間の事前テストを経て、当地に乗り込んで来たミゲール・オリベイラは、2分00秒台を2回記録して、0.676秒差で7番手から4番手に浮上。ズルファミ・カイルディン、アレックス・マルケス、フィリップ・エッテル、ロマーノ・フェナティ、アレックス・マスボーが続いた。

フリー走行1で23番手だったジョナス・フォルガーは、1.501秒差の10番手に進出。

昨年スペイン選手権の参戦で当地を経験した渡辺陽向は、フリー走行1で27番手だった後、フリー走行2では、2分03秒台を5回、2分02秒台を2回記録して、2.934秒差の31番手。初日総合31番手だった。

TAGS Aragon

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising