フリー走行2:A.リンスが今季2度目の初日総合1番手

rins moto3 sachsenring fp2
Friday, 12 July 2013

フリー走行1で2番手だったリンスが最速ラップを刻み、第4戦フランスGP以来となる初日総合1番手に進出。午前のプラクティスを制したサロンは最速リズムを刻んで、コンマ8秒差の2番手。バスケス、イサック・ビニャーレス、マーベリック・ビニャーレスが続き、ザクセンリンク初挑戦の渡辺は、30番手から34番手に後退した。

第8戦ドイツGPのフリー走行2は12日、ザクセンリンクで行われ、ランク3位のアレックス・リンスがトップタイムをマーク。初日総合1番手に進出した。

気温21度。路面温度36度のドライコンディションの中、フリー走行1で2番手だったリンスは、1分28秒台を6回、1分27秒台を2回記録。1分27秒208で第4戦フランスGP以来今季2度目の総合1番時計を刻んだ。

午前のプラクティスで最速リズムを刻んだルイス・サロンは、1分28秒台を6回、1分27秒台を最多の4回記録して、0.380秒差の2番手。

フリー走行1で8番手だったエフレン・バスケスは、1分28秒台を3回記録して、1.004秒差の3番手に浮上すると、17番手のイサック・ビニャーレスは、1分28秒台を3回記録して、1.019秒差の4番手に進出。

フリー走行1で3番手だったマーベリック・ビニャーレスは、1分28秒台を7回記録して、1.044秒差の5番手。ジョナス・フォルガー、アレックス・マルケス、ロレンソ・バルダッサッリ、ジャック・ミラー、ミゲール・オリベイラがトップ10入り。

フリー走行1で5番手に進出したヤコブ・コーンフィールは、7ラップ目の4コーナーで今季4度目の転倒を喫して18番手に後退すれば、午前に今季8度目の転倒を喫したニクラス・アジョは、右手首を強打した際に小さな骨折を負ったが、午後のセッションに参加して30番手。

フリー走行1で30番手だった渡辺陽向は、2度のコースインで最多の24ラップを周回。1分31秒台を9回、1分30秒台を1回記録して、3.594秒差の34番手に後退した。

TAGS Germany

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising