公式予選:A.リンスが今季3度目のポールポジションを奪取

Saturday, 13 July 2013

初日午後に1番時計を刻んだフリー走行総合2番手のリンスが、ヘレス以来今季3度目のポールポジションを獲得。フリー走行1と3を制した総合1番手のサロンは、エンジントラブルに見舞われたが2番手に進出。オリベイラ、フォルガー、ミラーが続き、ビニャーレスは6番手。フリー走行総合34番手の渡辺は、32番手だった。

第8戦ドイツGPの公式予選は13日、ザクセンリンクで行われ、フリー走行総合2番手のアレックス・リンスがトップタイムをマーク。今季3度目のポールポジションを奪取した。

気温21度。路面温度36度のドライコンディションの中、フリー走行3で2番手だった初日総合1番手のリンスは、1分27秒台を最多の9回記録。1分27秒300の1番時計を刻み、第3戦スペインGP以来今季3度目、通算4度目のトップグリッドを獲得した。

フリー走行3を制した総合1番手のルイス・サロンは、2番手に位置していたラスト5分前にエンジン故障に見舞われたが、1分27秒台を6回記録して、0.180秒差の2番手。今季5度目の1列目を確保した。

フリー走行総合10番手のミゲール・オリベイラは、1分27秒台を3回記録して、0.259秒差の3番手。3戦連続4度目の1列目に進出。

フリー走行総合3番手のジョナス・フォルガーは、5ラップ目の11コーナーで今季初転倒を喫したが、0.279秒差の4番手。ジャック・ミラー、マーベリック・ビニャーレス、エフレン・バスケス、ロマーノ・フェナティ、ジャスパー・イウェマ、アレックス・マルケスがトップ10入り。

フリー走行総合34番手の渡辺陽向は、1分29秒台を3回記録して、2.029秒差の32番手。明日の決勝レースを11列目から迎える。

TAGS Germany

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising