フリー走行1:L.サロンが今季4度目の1番手発進

salom fp1 silverstone moto3
Friday, 30 August 2013

左足の手術を見送ったポイントリーダーのサロンが、サーキットベストラップを更新する快走で、ヘレス、カタルーニャ、ザクセンリンクに続き、今季4度目の1番手発進。ビニャーレス、フォルガー、リンス、マルケスのランキング上位陣がトップ5に進出。シルバーストン初挑戦の渡辺は、最初のプラクティスで28番手だった。

第12戦イギリスGPのフリー走行1は30日、シルバーストン・サーキットで行われ、ポイントリーダーのルイス・サロンがトップタイムをマーク。今季4度目の1番手発進を決めた。

気温17度。路面温度23度のドライコンディションの中、前戦チェコGPで今季5勝目を挙げたサロンが、2分17秒台を5回、2分15秒台を1回記録。サーキットベストラップ(2分16秒055)を更新する2分15秒911を刻んだ。

昨年ポール・トゥ・フィニッシュを決めたランク2位のマーベリック・ビニャーレスは、2分17秒台を3回、2分16秒台を3回記録して、0.201秒差の2番手。

2年前にキャリア初優勝を飾った舞台に戻って来たランク4位のジョナス・フォルガーは、2分18秒台を3回、2分17秒台を1回記録して、1.137秒差の3番手。

ランク3位のアレックス・リンスは、2分17秒台を2回記録して、1.359秒差の4番手。

当地に初挑戦するランク5位のアレックス・マルケスは、2分17秒台を3回記録して、1.366秒差の5番手。ニッコロ・アントネッリ、ミゲール・オリベイラ、アレックス・マスボー、ロレンソ・バルダッサッリ、フィリップ・エッテルがトップ10入り。

シルバーストン初挑戦の渡辺陽向は、3度のコースインで最多の15ラップを周回。2分20秒台を3回記録して、4.513秒差の28番手だった。

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
続きを読む »
Advertising