フリー走行1:L.サロンが幸先の1番手発進

salom fp1 valencia moto3
Friday, 8 November 2013

初タイトル獲得に向けて、ポイントリーダーのサロンが、ヘレス、ムジェロ、カタルーニャ、ザクセンリンク、シルバーストン、フィリップアイランドに続き、今季7度目の1番手発進。ランク2位のビニャーレスは2番手。ランク3位のリンスは、フォルガーに続いて4番手。今季2度目のポイント圏内進出を目指す渡辺は、30番手だった。

最終戦バレンシアGPのフリー走行1は8日、リカルド・トルモ・サーキットで行われ、ポイントリーダーのルイス・サロンがトップタイムをマークした。

気温17度。路面温度12度のドライコンディションの中、第6戦カタルーニャGPからポイントリーダーを堅守するサロンは、1分41秒台を4回、1分40秒台を3回記録。1分40秒403の1番時計を刻んだ。

ランク2位のマーベリック・ビニャーレスは、1分41秒台を8回、1分40秒台を2回記録して、0.252秒差の2番手。

ランク5位のジョナス・フォルガーは、1分41秒台を5回、1分40秒台を1回記録して、0.553秒差の3番手。

ランク3位のアレックス・リンスは、1分41秒台を8回記録して、0.607秒差の4番手。ジャック・ミラー、エフレン・バスケス、ニッコロ・アントネッリ、ズルファミ・カイルディン、ミゲール・オリベイラ、ロマーノ・フェナティがトップ10入り。

前戦日本GPで初優勝したランク4位のアレックス・マルケスは、アナ・カラスコに続いて、1.308秒差の12番手。

フル参戦1年目の最終戦を迎えた渡辺陽向は、3度のコースインで17ラップを周回。1分43秒台を2回、1分42秒台を1回記録して、2.537秒差の30番手だった。

TAGS Valencia

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising