フリー走行3:L.サロンが6番手から1番手に浮上

salom fp3 sepang moto3
Saturday, 12 October 2013

初日総合6番手だったポイントリーダーのサロンが最速ラップを刻んで、フリー走行総合1番手に進出。14番手だったフォルガーが2番手に浮上。ビニャーレス、リンス、オリベイラが続き、フリー走行2を制したミラーは8番手。初日総合31番手の渡辺は、32番手だった。

第15戦マレーシアGPのフリー走行3は12日、セパン・インターナショナル・サーキットで行われ、ポイントリーダーのルイス・サロンがトップタイムをマーク。フリー走行総合1番手に進出した。

気温26度。路面温度30度のドライコンディションの中、初日総合6番手のルイス・サロンは、2分14秒台を最多の5回、2分13秒台を1回記録。2分13秒280の1番時計を刻んだ。

初日総合14番手のジョナス・フォルガーは、2分14秒台を2回、2分13秒台を最多の3回記録して、0.495秒差の2番手に浮上。

初日総合1番手のマーベリック・ビニャーレスは、2分14秒台を1回、2分13秒台を1回記録して、0.647秒差の3番手。アレックス・リンス、ミゲール・オリベイラ、アレックス・マルケス、ニッコロ・アントネッリが続いた。

フリー走行2で今季3度目の1番手に進出した初日総合3番手のジャック・ミラーは、1.090秒差の8番手。ブラッド・ビンダー、フィリップ・エッテルがトップ10入り。

初日総合2番手のアレックス・マスボーは、フリー走行1のタイムを更新できずに、2.435秒差の18番に後退。

初日総合31番手の渡辺陽向は、2分17秒台を4回、2分16秒台を1回記録して、3.699秒差の31番手。総合32番手だった。

TAGS Malaysia

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
続きを読む »
Advertising