決勝レース:ポイントリーダーのサロンが今季5勝目

salom race brno moto3
Sunday, 25 August 2013

5人による優勝争いが最終ラップまで展開され、5番グリッドのサロンが左足の激痛に耐えて、3戦ぶりに5勝目。2番グリッドのビニャーレスが2位、7番グリッドのフォルガーがスペイン勢の連続表彰台独占を阻止。リンス、マルケスが続き、27番グリッドの渡辺は29位だった。

第11戦チェコGPの決勝レースは25日、ブルノ・サーキットで行われ、ルイス・サロンが5人による優勝争いに競り勝って、今季5勝目を飾った。

気温17度。路面温度22度のドライコンディションの中、5番グリッドのサロンは、前戦のインディアナポリスGPの公式予選で骨折した左足踵の激痛に耐えながら、最終ラップにもつれ込んだ優勝争いの中でサーキットレコードラップを刻み、第7戦TTアッセン以来の優勝を飾った。

2番グリッドのマーベリック・ビニャーレスは、0.507秒差の2位に入り、開幕から10戦連続の表彰台を連取。

7番グリッドのジョナス・フォルガーは、第3戦スペインGP以来となる3位を獲得して、スペイン勢の7戦連続表彰台独占を阻止。

ウォームアップ走行で1番時計を記録したポールポジションのアレックス・リンスは、0.066秒差で7戦連続9度目の表彰台を逃せば、6番グリッドのアレックス・マルケスは、7戦連続のトップ5入り。

2年連続してインディアナポリスGPで鎖骨を骨折したジャック・ミラーは、翌日にイギリスで手術を受けると、今季最高位タイの4番グリッドから今季の最高位タイとなる6位でフィニッシュ。3番グリッドのアレックス・マスボーは、今季の最高位を獲得。

地元出身のヤコブ・コーンフィールは、グループ内のバトルに競り勝って8位。ミゲール・オリベイラ、ニッコロ・アントネッリがトップ10入り。

27番グリッドの渡辺陽向は、29位で完走した。

ポイントランキングは、ポイントリーダーのサロンが、ランク2位のビニャーレスに14ポイント差、ランク3位のリンスに28ポイント差のアドバンテージを広げた。

次戦イギリスGPは、シルバーストンで30日に開幕。1日に決勝レースが行われる。

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising