決勝レース:L.サロンが接戦を制して今季2勝目

salom race mugello moto3
Sunday, 2 June 2013

6人による優勝争いが展開された中、5番グリッドのサロンが終盤に飛び出して、開幕戦以来今季2勝目を挙げれば、3番グリッドのリンスが0.099秒差の2位。2番グリッドのビニャーレスが今季5度目の表彰台を獲得して、ポイントリーダーの座を堅守。29番グリッドの渡辺は27位だった。

第5戦イタリアGP決勝レースは2日、ムジェロ・サーキットで行われ、ルイス・サロンが今季2勝目を飾った。

気温20度。路面温度38度のドライコンディションの中、6人による優勝争いが展開され、5番グリッドのサロンは、ラスト4ラップにグループのトップに飛び出すと、最後までポジションを堅守して、開幕戦カタールGP以来今季2勝目、通算4勝目を挙げた。

3番グリッドのアレックス・リンスは、0.099秒差の2位。今季4度目の表彰台を獲得すれば、ウォームアップ走行で週末2度目の1番時計を記録した2番グリッドのマーベリック・ビニャーレスは、0.204秒差の3位。開幕から5戦連続の表彰台を獲得した。

6番グリッドのミゲール・オリベイラは、今季の最高位4位に進出。高速トラックでマヒンドラに最高位をもたらせば、10番グリッドのアレックス・マルケスは、2戦連続の5位。

今季初のポールポジションを奪取したジョナス・フォルガーは、ホールショットを決めて序盤をリードしたが、終盤に後退して6位。

7番グリッドのニッコロ・アントネッリは、単独走行で7位。今季初ポイントを獲得すれば、8人による8位争いを23番グリッドのニクラス・アジョが競り勝ち、エリック・グラナド、ジャック・ミラーがトップ10入り。

29番グリッドの渡辺陽向は、27位でゴール。

31番グリッドのエフレン・バスケスは、ウォームアップ走行後、クリニカ・モービルを訪れて前戦フランスGPで骨折した右鎖骨を検査。欠場を決断した。

ポイントスタンディングは、ポイントリーダーのビニャーレスが3戦連続して首位を維持。ランク2位のサロンが4ポイント差、ランク3位のリンスが25ポイント差に接近した。

次戦は、カタルーニャ・サーキットで2週間後の14日に開幕、16日に決勝レースが行われる。

TAGS Italy

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
続きを読む »
Advertising