フリー走行2:M.ビニャーレスが今季初の初日連続1番時計

vinales moto3 fp2 brno
Friday, 23 August 2013

フリー走行1を制したビニャーレスが今季初めて1番時計を連発。オースティン、インディアナポリスに続き、今季3度目の初日総合1番手に進出すれば、前戦で初表彰台を獲得したマルケス、前戦で左足踵を骨折したサロン、前戦勝者のリンスが続き、渡辺は初日総合30番手だった。

第11戦チェコGPのフリー走行2は23日、ブルノ・サーキットで行われ、マーベリック・ビニャーレスがトップタイムをマーク。2戦連続3度目の初日総合1番手に進出した。

気温22度。路面温度35度のドライコンディションの中、フリー走行1を制したビニャーレスは、2分09秒台を4回、2分08秒台を2回記録。2分08秒504の1番時計を刻み、第2戦アメリカズGP、第10戦インディアナポリスGPに続き、2戦連続3度目の初日総合1番手を維持。初日連続の1番時計は、昨年7月の第9戦イタリアGP以来。

初日最初のプラクティスで6番手だったアレックス・マルケスは、2分09秒台を4回、2分08秒台を3回記録して、0.039秒差の2番手。

午前のプラクティスで2番手だったルイス・サロンは、2分09秒台を4回、2分08秒台を1回記録して、0.373秒差の3番手。

3番手発進したアレックス・リンスは、最多の16ラップを周回。2分09秒台を7回記録して、0.655秒差の4番手。ジョナス・フォルガーは、0.908秒差の5番手。ジャック・ミラー、アレックス・マスボー、ニッコロ・アントネッリ、エフレン・バスケス、ニクラス・アジョがトップ10入り。

フリー走行1で31番手だった渡辺陽向は、3度のコースインで14ラップを周回。2分12秒台を3回、2分11秒台を1回記録して、3.395秒差の30番手だった。

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising