フリー走行3:M.ビニャーレスが今季2度目のフリー走行総合1番手

Saturday, 17 August 2013

フリー走行2を制した初日総合1番手のビニャーレスが、連続の1番時計を記録。ムジェロ以来となる今季2度目のフリー走行総合1番手に進出すれば、サロン、カイルディン、フォルガー、バスケスが続き、リンスは6番手。初日総合28番手の渡辺は32番手だった。

第10戦インディアナポリスGPのフリー走行3は17日、インディアナポリス・モーター・スピード・ウェイで行われ、マーベリック・ビニャーレスがトップタイムをマーク。3度のフリー走行を制した。

気温18度。路面温度24度のドライコンディションの中、フリー走行2を制して初日総合1番手に躍り出たビニャーレスは、1分48秒台を6回記録。1分48秒060を刻み、今季初のポールポジションから2勝目を飾った第5戦イタリアGP以来となるフリー走行総合1番手に進出した。

初日総合7番手のルイス・サロンは、1分48秒台を4回記録して、0.237秒差の2番手に浮上。

初日総合11番手のズルファミ・カイルディロンは、1分48秒台を2回記録して、0.364秒差の3番手にジャンプアップ。

初日総合6番手のジョナス・フォルガーは、1分48秒台を6回記録して、0.377秒差の4番手。

初日総合13番手のエフレン・バスケスは、1分48秒台を1回記録して、0.539秒差の5番手。

初日総合5番手のアレックス・リンスは、2度のコースインで最多の19ラップを周回。1分48秒台を6回記録して、0.558秒差の6番手。ジャック・ミラー、アレックス・マスボー、アレックス・マルケス、エリック・グラナドがトップ10入り。

初日総合2番手のロマーノ・フェナティは、初日のタイムを更新できずに、1.425秒差の19番手に後退。

初日総合28番手の渡辺陽向は、3度のコースインで17ラップを周回。1分51秒台を3回記録して、3.542秒差の32番手に後退した。

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising