公式予選:M.ビニャーレスが今季初、2年連続のポールポジションを奪取

vinales moto3 qp le mans
Saturday, 18 May 2013

フリー走行総合4番手のビニャーレスが、2年連続して最速ラップをマーク。今季初のトップグリッドを獲得すれば、総合11番手のオリベイラが、マヒンドラの最高位となる2番手に進出。フォルガー、リンス、サロンがトップ5入り。総合34番手の渡辺は、33番手。開幕から4戦連続の11列目から明日の決勝レースを迎える。

第4戦フランスGPの公式予選は18日、ルマン-ブガティ・サーキットで行われ、マーベリック・ビニャーレスがトップタイムをマーク。今季初のポールポジションを奪取した。

気温16度。路面温度21度のドライコンディションの中、午前のフリー走行3で2番手に進出したフリー走行総合4番手のビニャーレスは、1分44秒台を8回、1分43秒台を5回記録。1分43秒696の1番時計を刻み、2年連続、通算9回目のトップグリッドを獲得した。

フリー走行総合11番手のミゲール・オリベイラは、1分44秒台を6回、1分43秒台を2回記録。0.110秒差の2番手に入り、自己最高位タイでマヒンドラ・レーシングにベストグリッドをもたらした。

午前のプラクティスで最速ラップを刻んだフリー走行総合2番手のジョナス・フォルガーは、1分44秒台を8回、1分43秒台を1回記録。0.273秒差の3番手に入り、今季初の1列目に進出すれば、フリー走行2のラップタイムで第2戦アメリカズGPから3戦連続してフリー走行総合1番手に進出したアレックス・リンスは、1分44秒台を9回記録。0.427秒差の4番手で、今季初めて1列目を逃した。

フリー走行3で転倒を喫したフリー走行総合3番手のルイス・サロンは、腰を強打したことから、ルマン市内の病院で精密検査を受けた結果、負傷は確認されず、午後の予選に戻って来ると、1分44秒台を4回記録して、0.482秒差の5番手。ジャック・ミラー、アレックス・マルケス、イサック・ビニャーレス、ニクラス・アジョ、アレックス・マスボーがトップ10入り。

フリー走行総合34番手の渡辺向陽は、1分46秒台を4回記録して、2.868秒差の33番手。明日の決勝レースを開幕から4戦連続の11列目から迎える。

フリー走行2で転倒を喫して右鎖骨を骨折したエフレン・バスケスは、2週間後の第5戦イタリアGPへの参戦を目指して、19日にバルセロナ市内の病院で手術を受けることになった。

TAGS France

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising