M.ビニャーレスが逆転でタイトル奪取

vinales race valencia moto3
Sunday, 10 November 2013

タイトル争いの主役3人が優勝争いを展開。ポイントリーダーのサロンが転倒すれば、ビニャーレスがリンスとの一騎打ちに競り勝って、逆転でチャンピオンを獲得。伏兵のフォルガーが2位。リンスは3位。サロンはレースに復帰して14位。渡辺は28番グリッドから19位で完走した。

最終戦バレンシアGPのウォームアップ走行は10日、リカルド・トルモ・サーキットで行われ、ランク2位のマーベリック・ビニャーレスが優勝。逆転でMoto3クラス2代目のチャンピオンに輝いた。

気温19度。路面温度22度のドライコンディションの中、タイトル争いの3人がスタートから優勝争いを展開。ウォームアップ走行で1番時計を記録した3番グリッドのビニャーレスは、オープニングラップを制すと、積極的にレースの主導権を握ると、2番グリッドのルイス・サロンがトップグループで3番手走行中のラスト10ラップに今季6度目の転倒。

ポールポジションのアレックス・リンスとの間で展開された優勝、タイトル争いを最終コーナーで競り勝って、第4戦フランスGP以来となる今季3勝目を挙げた。

4番グリッドのジョナス・フォルガーは、タイトル争いのライダーたちを追いかけると、ゴールラインの手前で逆転に成功。0.001秒差で今季のベストリザルトとなる2位を獲得した。

ポールポジションのアレックス・リンスは3位。今季14度目の表彰台を獲得すれば、アレックス・マルケス、エフレン・バスケス、アレックス・マスボー、イサック・ビニャーレス、アナ・カラスコ、フィリップ・エッテル、ミゲール・オリベイラがトップ10入り。

転倒後、レースに復帰したサロンは、14位でフィニッシュ。5番グリッドのジャック・ミラーは、トップグループで4番手走行中にラスト6ラップに転倒リタイヤを喫した。

ウォームアップ走行で19番手に浮上した28番グリッドの渡辺陽向は、18位争いを展開して19位で完走した。

チャンピオンシップは、ランク2位のビニャーレスが323ポイントを稼いで、逆転でチャンピオンを獲得。リンスは12ポイント差の2位。サロンは21ポイント差のランク3位となった。

TAGS Valencia

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising