Tickets purchase
VideoPass purchase

S.レディング&アルパインスターがエアバックの超高速性能を披露

S.レディング&アルパインスターがエアバックの超高速性能を披露

毎冬のスペシャルプログラム『ザ・オフシーズ・ショー』で、最高峰クラスの新人レディングとツナギメーカーのアルパインスターが、危険を検出してから僅か0.05秒で膨張が完了するエアバックのシステムを紹介する。

ゴー&ファン・ホンダ・グレシーニから最高峰クラスに初参戦するスコット・レディングは、マーク・VDS・レーシングに所属した昨年9月の第14戦アラゴンGPの際に、個人契約するツナギメーカー、アルパインスターと共に、エアバックシステムの作動を紹介した。

胸と肩全体をカバーするエアバックは、マイクロプロセッサーがエアバックを必要とする危険な状況を検出してからシステムを作動させ、エアバックに空気を充填。ショルダープロテクターの下側と肩後ろ側のアコーディオンパネルが広がるまでに、僅か約0.05秒で膨張が完了する。

ハイスピードカメラによる毎秒2500フレームの超スローモーションで撮影したエアバックの機能をOff-Season Show(ザ・オフシーズ・ショー)で紹介する。

Tags:
MotoGP, 2014, Scott Redding

Other updates you may be interested in ›