初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ヤマハ・ファクトリーのロッシとロレンソは総合2‐3番手に浮上

ヤマハ・ファクトリーのロッシとロレンソは総合2‐3番手に浮上

2日目に2番手から4番手に後退したロッシだったが、快走の2番時計を記録。今年初テストで総合2番手に進出すれば、6番手だったロレンソが昨年と似たフィーリングを取り戻すと、2番手のリズムで周回を重ねて、総合3番手まで巻き返した。

ヤマハ・ファクトリー・レーシング・チームのバレンティーノ・ロッシは、セパン・インターナショナル・サーキットで行われたオフィシャルテスト3日目、最終日に2番時計を記録。総合2番手に進出すれば、ホルヘ・ロレンソは3番手。総合3番手に浮上した。

初日2番手、2日目4番手だったロッシは、11ラップ目に1分59秒台に進出して、0.194秒差の2番手に再浮上。55ラップを周回して、2分00秒台を5回記録。連続15ラップのロングランでは、2分01秒台を14回記録した。

「テストはとても良かった。とても嬉しい。特に2番手で、セパンにおけるキャリアのベストタイムだ。初めて2分00秒台を突破。このトラックでのベストラップをマークしたマルク(・マルケス)からコンマ1秒差。バイクのグッドなフィーリングと幾つか良い解決策が見つかった。午後はレースシミュレーションにトライ。問題を理解するには良かった。グッドなペースを維持することが難しかったけど、それほど悪くなった。初テストとしての評価はグッドだ」と、最終日を振り返った。

初日4番手、2日目6番手のロレンソは、セッション開始早々の2ラップ目と3ラップ目に1分59秒台を記録して、0.333秒差の3番手まで挽回。65ラップを周回して、2分00秒台を14回記録した。

「昨日からラップタイムが大きく良くなったけど、完璧なラップではなかった。もしかしたら、ソフトタイヤを履いていたら、59.6秒、59.5秒を記録できただろう。目的は1ラップのタイムではなく、レースペースだから、そのことに取り組んだ。」

「この暑い条件の下で実施したレースシミュレーションで、想定外の問題に出くわした。ペースはそれほど良くなかった。歴史的に、ここはヤマハのトラックではないから、次のテストが楽しみだ。進化と進歩は大きいから、僕は大満足だ。1リットル減の中で昨年と似たような感触が持てることは、ビックなことだ」と、初日からの進歩を手放しに喜んだ。

V.ロッシ ‐ 総合2番手(合計177ラップ)
3日目: 1分59秒727 (55ラップ)
2日目: 2分00秒464 (61ラップ)
1日目: 2分00秒804 (61ラップ)

J.ロレンソ ‐ 総合3番手(合計161ラップ)
3日目: 1分59秒866 (65ラップ)
2日目: 2分00秒573 (49ラップ)
1日目: 2分01秒082 (47ラップ)

オフィシャルテストベストラップ: 1分59秒533 (2013年‐M.マルケス)
サーキットレコードラップ: 2分02秒108 (2007年-C.ストーナー)
サーキットベストラップ: 2分00秒011 (2013年-M.マルケス)

Tags:
MotoGP, 2014

Other updates you may be interested in ›