初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

レプソル・ホンダのマルケス&ペドロサが今年初テストで総合1‐6番手

レプソル・ホンダのマルケス&ペドロサが今年初テストで総合1‐6番手

3冠連覇を目指すホンダのファクトリーチーム、レプソル・ホンダのマルケスが、非公式ながらセパンでの最速ラップを記録。参加者唯一連続20ラップのレースシミュレーションを実行して、新規定の最大燃料20リットルに問題がないことを証明すれば、ペドロサはブレーキトラブルでトラックコンディションが良い時間帯を逃したが、リアグリップの改善に成果があったことを説明した。

レプソル・ホンダのマルク・マルケスは、セパン・インターナショナル・サーキットで行われたオフィシャルテスト3日目、最終日に3日間連続の1番時計を記録。総合1番手を維持すれば、ダニ・ペドロサはテクニカルトラブルが影響して6番手、総合6番手だったが、全体的な進歩、特にリアグリップの改善に手応えを得た。

初日から最速リズムを刻んだマルケスは、9ラップ目に2日目の最速ラップを更新。10ラップ目には非公式ながら当地での最速ラップとなる1分59秒533を記録。11時過ぎからは、レース距離の連続20ラップを実行すると、2分01秒台を2回、2分00秒台を16回、1分59秒台を1回記録。合計40ラップで、1分59秒台を最多の4回、2分00秒台を18回記録して、13時前にテストを終了した。

「3日間の進み方に大満足。僕たちはプレシーズンのグッドなスタートを切った。確かに最初のテストで、まだ仕事が残っているけど、レースシミュレーションができて、その結果はすごく良かった。セットアップを沢山試して、次回のテストに向けて、最善の準備をするために沢山の情報を収集した。まだ試すことが残っているから、次の3日間も有効に活かさないと。」

「体調面はすごく良い。この1ヶ月間は休みなく、スケジュールが詰まっていたけど、トレーニングを続けることができた。先週風邪を引いてしまったけど、体調は良かった。これが大切。常に良くすることができる。今回のテストでは、フィジカルコンディションのアップにも役立った」と、今年初テストを総括した。

2日目2番手のペドロサは、上位陣がセッション開始の10時から1時間以内にラップタイムを次々に更新した中、ブレーキトラブルにより出遅れたが、リアグリップのアップにトライして、2分00秒台を9回記録。0.690秒差の6番手だった。

「3日目はリアのグリップアップにトライするため、シャーシの仕事に集中。大きく進歩したと思う。午前中は2台のバイクにブレーキの問題が起きてしまい、1日の中で最速ラップが出る時間帯を失ってしまったけど、セットアップを進めることができ、全体的にはポジティブな1日となった。次のテストでは、今日終了した流れで前進したい。フィリップアイランドに行く前に進歩したい」と、トップから離された理由を説明した。

3日間のテストを終了したHRCファクトリーライダーの両雄は、7日にホンダウエルカムプラザ青山で開催される『2014年モータースポーツ活動発表会』と『ファンミーティング』に出席するため、クアラルンプールから東京に向かう。

M.マルケス ‐ 総合1番手(合計167ラップ)
3日目: 1分59秒533 (40ラップ)
2日目: 1分59秒926 (65ラップ)
1日目: 2分00秒286 (62ラップ)

D.ペドロサ ‐ 総合6番手(合計192ラップ)
3日目: 2分00秒223 (55ラップ)
2日目: 2分00秒336 (62ラップ)
1日目: 2分00秒906 (75ラップ)

サーキットレコードラップ: 2分02秒108 (2007年-C.ストーナー)
サーキットベストラップ: 2分00秒011 (2013年-M.マルケス)

過去に1分59秒台を記録したMotoGP™ライダー
C.ストーナー: 1分59秒607 (2012年2月2日-オフィシャルテスト3日目)
C.ストーナー: 1分59秒665 (2011年2月24日-オフィシャルテスト3日目)
D.ペドロサ: 1分59秒803 (2011年2月24日-オフィシャルテスト3日目)

Tags:
MotoGP, 2014, Dani Pedrosa, Marc Marquez, Repsol Honda Team

Other updates you may be interested in ›