Tickets purchase
Videopass purchase

オフィシャルテスト2日目:N.アントネッリが2日間連続の1番手

初日総合1番手のアントネッリが、非公式ながらサーキットベストラップを突破する1番時計を記録。2日間連続して総合1番手に進出すれば、ミラー、ケント、ファネティ、ビニャーレスがトップ5入り。ホンダ勢の最高位は、リンスの9番手だった。

軽量級のオフィシャルテスト2日目は12日、最終戦バレンシアGPの開催地、リカルド・トルモ・サーキットで行われ、2013年ランク16位のニッコロ・アントネッリが、トップタイムをマーク。2日間連続して、セッションを制した。

初日総合1番手のアントネッリは、14時から1時間の単独セッションと15時10分から17時までの合同セッションで、1分39秒454と1分39秒594の1番時計を連発。1分39秒台を最多の12回記録して、2日間連続の総合1番手に進出した。

初日総合2番手のジャック・ミラーは、10時00分から12時40分までの合同セッションで1分39秒462の1番時計を記録。1分39秒台を9回記録して、0.008秒差の2番手を維持すれば、ダニー・ケント、ロマーノ・フェナティ、イサック・ビニャーレスがトップ5入りした。

2日目は、アレックス・リンス、エフレン・バスケス、ブラッド・ビンダー、ハフィク・アズミ、ニクラス・アジョ、スコット・デウル、ブライアン・ステウテン、フアンフラン・グエバラ、マテオ・フェラーリの9人が転倒を喫したが走行を続けた。

オフィシャルテスト1日目: 1分40秒000 (N.アントネッリ)
オフィシャルテスト2日目: 1分39秒454 (N.アントネッリ)

サーキットレコードラップ: 1分49秒622 (2012年-Z.カイルディン)
サーキットベストラップ: 1分39秒459 (2013年-A.リンス)

オフィシャルテストリザルト

Tags:
Moto3, 2014

Other updates you may be interested in ›