Tickets purchase
Videopass purchase

A.リンスが右手首手術でテスト欠場

KTMからホンダに乗り換えて、3月の開幕戦カタールGPに向けてテストプログラムを進めていたランク2位のリンスが右手首を手術。1週間の安静が必要となり、今年2度目のオフィシャルテストを欠場することになった。

エストレージャ・ガルシア・0.0のアレックス・リンスは17日、バルセロナ市内の病院で右手首を手術。18日から3日間、ヘレス・サーキットで開催される今年2度目のオフィシャルテストをキャンセルすることになった。

舟状骨と月状骨をつなぐ舟状月状靭帯において、滑膜の炎症により関節液が過剰に生産されて膨らんでしまう疾患、滑膜嚢胞(かつまくのうほう)により、シーズン中に問題を引き起こす可能性があることから、嚢胞を除去する手術を受けた。

今回の手術により、7日間の安静が必要となり、オフィシャルテストを欠場。チームは、ジュニアチームに所属するスペイン選手権王者のファビオ・クアルタラロを召集することを決断した。

Tags:
Moto3, 2014

Other updates you may be interested in ›