Tickets purchase
VideoPass purchase

MotoGP™クラスオフィシャルテストプレビュー

前回総合1番手のマルケスとポール・バード・モータースポーツを除く、12チーム、21名のMotoGP™ライダーたちが、マレーシアGPの開催地、セパンに再集結。3月23日の開幕戦カタールGPに向けて、今年2度目のオフィシャルテストに取り組む。

最高峰クラスのオフィシャルテストは、2月26日から3日間、マレーシアGPの開催地、セパン・インターナショナル・サーキットで開催。ポール・バード・モータースポーツを除く、12チーム、21名のMotoGP™ライダーたちが、2014年シーズンの準備に向けて、今年2度目のオフィシャルテストに取り組む。

2月4日からのオフィシャルテストで3日間連続して1番時計を記録したマルク・マルケスは、トレーニング中に右脚の腓骨を骨折。全治3~4週間と診断され、今回のテストを欠場。来週、フィリップアイランド・サーキットで予定されているタイヤセフティーテストの参加も微妙となり、現在は1日も早い回復を目指して、治療に専念している。

マルケス以外のホンダ勢とヤマハ勢は、予定通りにテストに参加。ドゥカティ勢は、チャンピオンシップの参加目的の1つであるエンジン開発を考慮して、ファクトリーオプションからオープンオプションへの変更を検討。今回のテストで方向性を明確にする。

オープンオプションでは、前回のテストを欠場したイオダレーシング・プロジェクトが、アプリリア製のARTを使用して参加を予定すれば、ポール・バード・モータースポーツは、ワークショップでオリジナルマシンの開発に集中するため、テストをキャンセルする。

2015年に復帰するスズキは、前回に続いて、テストに参加。エレクトロニックシステムの開発を中心にテストプログラムを続ける。

今年2度目のオフィシャルテストは、現地時間の10時から18時、日本時間の11時から19時。当サイトでは、ハイライトビデオ、インタビュービデオ、ライビタイミングを提供する。

Tags:
MotoGP, 2014

Other updates you may be interested in ›