Tickets purchase
VideoPass purchase

FIMが2014年エントリーリストを発表

FIM国際モーターサイクリズム連盟が2014年シーズンのエントリーリストを発表。ドゥカティがファクトリーオプションからオープンオプションに変更。イオダレーシン・プロジェクトのキャミアとスピードアップノッコのエントリーがキャンセル。JiR・Moto2が野左根から長島に登録ライダーを変更した。

FIM国際モーターサイクリズム連盟は28日、2014年シーズンのエントリーリストを次のように発表。1月14日に発表された2度目の暫定エントリーリストから最高峰クラスでは、ドゥカティ・チームのアンドレア・ドビツィオーソとカル・クラッチロー、プラマック・レーシングのアンドレア・イアンノーネが、ファクトリーオプションからオープンオプションに変更した。

今年2度のオフィシャルテストを欠場したイオダレーシン・プロジェクトは、レオン・キャミアのエントリーをキャンセル。合計24名から23名、ファクトリーオプション8名、オープンオプション15名の参戦となる。

中量級は、JiR・Moto2が野左根航汰から長島哲太に変更。スピードアップから初参加を予定していたアレッサンドロ・ノッコのエントリーがキャンセルされた。

未決定だったイデミツ・ホンダ・チーム・アジアのアズラン・シャー・カマルザマンが使用するバイクがカレックスに決定。NGM・フォワード・レーシングのシモーネ・コルシとマティア・パシーニは、FTRからフォワード・KLXに変更。

ポンス・HP・40のルイス・サロンは、ゼッケンを80から39に変更。

アレックス・デ・アンジェリスの所属チームは、ラ・フォンテ・タスカ・レーシングからタスカ・レーシング・Moto2に、ティティポン・ワーリンコーンの所属チームは、タイ・ストップ・アンド・ゴー・レーシングからAPH・PTT・ピザ・SAGにチーム名を変更した。

軽量級では、バレンティーノ・ロッシが支援するチームが、チーム・スカイ‐VR46からスカイ・レーシング・チーム・バイ・VR46に変更。カレッタ・テクノロジーは、サクソプリント‐RTGにチーム名を変更した。

2014年エントリーリスト

Tags:
MotoGP, 2014

Other updates you may be interested in ›