初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

D.ペドロサが連続20ラップのロングランを実行

D.ペドロサが連続20ラップのロングランを実行

セパンで最速ラップを記録した後、プロモーションのため立ち寄ったインドネシアを経由して、フィリップアイランド入りしたペドロサが、ブリヂストンのタイヤ開発に協力。2日目に27ラップのレース距離に接近する連続20のロングランを実行して、好感触を得た。

レプソル・ホンダのダニ・ペドロサは、最高峰クラスのタイヤサプライヤー、ブリヂストンのタイヤ開発に協力する目的で、第16戦オーストラリアGPの開催地、フィリップアイランド・サーキットで実施中のタイヤセフティーテストに参加。2日目に連続20ラップのロングランを実行した。

先週のセパン・インターナショナル・サーキットで開催された今年2度目のオフィシャルテストで最速タイムを刻んだ後、昨年5番グリッドから2位を獲得した当地に戻って来ると、初日は4番手。2日目は、連続20ラップを含む58ラップを周回して、1分29秒台を12回記録。0.248秒差の2番手に浮上した。

「今日はコンパウンドが同じだけど、異なる2タイプのタイヤを試して、感触はとても良かった。この2日間で試したタイヤの中からベストなタイヤを選択して、20ラップを走った。テストはすごく良かったけど、ブリヂストンは、明日実施する仕事に向けて、データを分析し、結論を下す必要がある」と、ロングランに好感触を得ながら、慎重な姿勢を見せた。

Tags:
MotoGP, 2014, Dani Pedrosa, Repsol Honda Team

Other updates you may be interested in ›