初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ドゥカティ、フィリップアイランドでのテストに手応え

ドゥカティ、フィリップアイランドでのテストに手応え

ブリヂストンが準備したテストタイヤを検証するため、フィリップアイランドで3日間のテストに参加したドゥカティが、前回のオフィシャルテストに続いて好走を披露。デスモセディチGP14のレスポンスに手応えの結果を残した。

ドゥカティのファクトリーチーム、ドゥカティ・チームは、オープンオプションへの変更を決定した後、今年2度目のオフィシャルテストが開催されたセパン・インターナショナル・サーキットからフィリップアイランド・サーキットに移動。最高峰クラスのタイヤサプライヤー、ブリヂストンが10月の第16戦オーストラリアGPに向けて、開発したテストタイヤの検証に協力して、デスモセディチGP14の開発を含めて満足な結果を得た。

ドゥカティ・コルセのジェネラルマネージャー、ルイジ・ダリーニャは、「もちろん、幾つかのタイヤオプションはレースに向けて大変良いです。昨年型のタイヤと比較して、ラップタイムは良く、レースシミュレーションにおいても大変良い結果を得られました。タイヤは問題ありません。ブリヂストンは良い仕事をしました。」

「我々はタイヤテストに集中しました。セパンと同じように、ここでも良い結果を確認しました。セパンとフィリップアイランドは、トラックキャラクターが全く違いますが、バイクのレスポンスは、両方のトラックで大変良かったことから、とても嬉しいです。我々のライバルたちに追いつくために、バイクを大きく改良する必要がありますが、正しい方向に向かって進んでいます」と、3日間のテストを総括した。

Tags:
MotoGP, 2014, Ducati Team

Other updates you may be interested in ›