初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

HRCチーム代表のスッポがオープンオプションの目的再確認を主張

HRCチーム代表のスッポがオープンオプションの目的再確認を主張

HRCチーム代表のスッポが、オープンオプションへの参入を決断したドゥカティに関して、規則の目的、方針、そして将来の方向を再確認するために、ドルナ、MSMAと話し合いを持つ必要があることを強調した。

HRCチーム代表のリビオ・スッポは、タイヤテストが開催されたフィリップアイランド・サーキットで、先月28日のオフィシャルテスト終了後に、ドゥカティがファクトリーオプションからオープンオプションに変更することを発表したことから、将来を含めたオープンオプションの目的及び方向性に関して、検討の必要性を主張した。

「ホンダとしてのポジションは明白です。ドゥカティは巻き返しを図ろう努めていることを理解しています。当然、オープンオプションの規則は、シーズン中にエンジンの開発が許可されており、これは彼らにとって重要なこと。そのことを理解します。」

「その一方で、ドゥカティがオープンオプションに参戦することを発表する数日前に、マニエッティ・マレリが新しいソフトウェアを導入したことに喜べません。オープンオプションのスタンダードよりも大変困難です。これに関しては、検討する必要があると考えます。」

「最終的に、もし、ファクトリーのマシンがオープンオプションに参戦することになれば、それはそれほど安くありません。規則の目的は、よりエコノミックなカテゴリーだと思います。私の意見としては、検討すべき課題だと考えます。ドルナとMSMA(モーサーサイクルサイクルスポーツ製造者協会)と共に、このカテゴリーの目的が明白かを理解すべきです。ファクトリーのバイクよりも低価格なカテゴリーだと、我々は理解しています。全員が理解したと思います。」

「現状、ドゥカティの解釈はそうではありません。将来に望むものを確認するために、一緒に会議の席につくことが問題です」と、将来に向けて、オープンオプションの方針を再確認する必要性を説明した。

Tags:
MotoGP, 2014, Repsol Honda Team

Other updates you may be interested in ›