初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ザクセンリンクが安全面の向上に向けて移動式縁石を設置

ザクセンリンクが安全面の向上に向けて移動式縁石を設置

今年で17年連続の開催となるドイツGPの舞台、ザクセンリンクが、安全面の向上を目指して、カピロッシとウンチーニの助言の下、4コーナーからの連続左コーナーの後の右コーナー、11コーナーに移動式縁石を設置することになった。

7月に開催される第9戦ドイツGPの舞台、ザクセンリンクは、より安全なトラックを目指して、MotoGP™セフティーオフィサーのロリス・カピロッシ、FIMセフティーオフィサーのフランコ・ウンチーニの助言を参考に、11コーナーに鋼製の移動式縁石を設置することを決定した。

4コーナーから左コーナーが連続した後の右コーナーとなる11コーナーに対して、コーナリングスピードを減少する目的で、移動式縁石を設置。カピロッシ自身がBMW・S1000RRを使用して、速度と走行ラインを確認した。

Tags:
MotoGP, 2014, eni MOTORRAD GRAND PRIX DEUTSCHLAND

Other updates you may be interested in ›