初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ブリヂストン、2014年の開幕に向けて準備万全

ブリヂストン、2014年の開幕に向けて準備万全

ライダーたちを足元から支えるタイヤサプライヤーのブリヂストンが、今年3度目、プレシーズン最後のテストで、2014年スペックのタイヤが開幕戦の舞台でも良好に作動したことを確認。シーズンの開幕に向けて、万全の準備を整えた。

最高峰クラスのオフィシャルタイヤサプライヤー、ブリヂストンは、開幕戦カタールGPの舞台、ロサイル・インターナショナル・サーキットで開催された3日間のオフィシャルテストで10チーム、17名のMotoGP™ライダーたちをサポート。2014年スペックのタイヤが良好に作動したことを確認した。

今年3度目、プレシーズン最後のテストに向けて、フロントにソフトとハード、リアに左右非対称のソフト、メディアム、ハードを準備。モータースポーツタイヤ開発チーフエンジニアの東雅雄は、「プレシーズン最後のテストは、2週間後に迫った開幕戦に向けて、多くの貴重なデータを収集でき、ブリヂストンとチーム、ライダーたちにとって非常に有意義な内容になりました。テスト時のコンディションは、ロサイルの典型的な状態で、路面の埃に加え、21時以降に上昇する湿度の影響により、グリップレベルが低下することから、その対応に追われることになりました。」

「レースシミュレーションとタイムアタックは、ともに水準が高く、他のトラックを比較して、グリップが低いことを考慮すれば、今回のテストは大変良い内容だったと言えます。今回の最速ラップは、昨年のレース中におけるベストラップよりコンマ6秒速く、多くのライダーたちが実施したロングランも良い内容でした。」

「我々が供給したタイヤが安定して高水準のパフォーマンスを発揮した意義は大きく、2014年スペックのタイヤがロサイルでも良好に作動したことが嬉しいです。約2ヶ月に及んだプレシーズンのテストに取り組んだ全チームとライダーたちに感謝します。開幕戦に向けて万全の準備を整えることができました」と、シーズンの開幕を前にタイヤの作動を確認できたことを説明した。

Tags:
MotoGP, 2014

Other updates you may be interested in ›