Tickets purchase
Videopass purchase

中量級王者エスパルガロ、照準は23日の最高峰クラスデビュー戦

オフィシャルテスト3日目に転倒を喫して、左鎖骨を手術したエスパルガロ弟が入院先の病院から退院。12日後の最高峰クラスのデビュー戦に向けて、治療とリハビリに専念する。

モンスター・ヤマハ・テック3のポル・エスパルガロは11日、左鎖骨の手術を受けたバルセロナ市内の大学病院から退院。Moto2™クラス王者として最高峰クラスのデビュー戦となる3月23日の開幕戦カタールGP決勝レースに向けて、治療とリハビリに取り組む。

「チャビエル・ミル医師から手術が上手く行ったと説明を受けた。プレートで固定されたから、これからはカタールに向けて、少しリハビリに取り組む必要がある。鎖骨の骨折は、考えていたよりも悪かったけど、重要なのは手術が上手く行ったこと。」

「リハビリを早く始めたい。簡単ではないけど、僕はポジティブだ。100%に持って行けるか分からないけど、最善の状態に持って行けるように頑張る」と、退院直前に説明。

手術を担当したチャンピオンシップのメディカルスタッフ、ミル医師は、「過去に重傷な鎖骨骨折を見てきましたが、今回は少し時間があります。カタールに行けることは確かです。大切なのは、しっかりと固定した骨折箇所よりも、皮膚と筋肉に注意すること。筋力に負担をかけずに、腕を動かすフィジオセラピーを早速始め、金曜から集中的なリハビリに取り組みます」と、開幕戦参戦に向けた回復法を説明した。

Tags:
MotoGP, 2014, Pol Espargaro, Monster Yamaha Tech 3

Other updates you may be interested in ›