Tickets purchase
Videopass purchase

オフィシャルテスト2日目:J.ミラーが最速リズムで総合1番手に浮上

初日総合3番手発進した前回総合1番手のミラーが、2度の最速ラップと最速リズムを刻んで、総合1番手に浮上。ビニャーレス、ケント、コーンフィール、バスケスが続き、リンスとマルケスは10番手と11番手。初日総合1番手のフェナティは13番手に後退した。

軽量級のオフィシャルテスト2日目は12日、第4戦スペインGPの開催地、ヘレス・サーキットで行われ、ジャック・ミラーがトップタイムをマーク。総合1番手に浮上した。

11時20分から12時30分までのセッション4は、初日総合3番手のミラーが、1分46秒台を2回記録すると、14時から15時10分までのセッション5では、初日総合4番手のダニー・ケントと初日総合15番手のフィリップ・エッテルが、1分46秒台に進出。

16時50分から18時までのセッション6は、セッション5で13番手に後退したミラーが、1分46秒台を2回記録。1分46秒259の1番時計を刻み、総合1番手に進出すれば、初日総合6番手のイサック・ビニャーレスが0.292秒差の2番手に浮上。ケント、ヤコブ・コーンフィール、エフレン・バスケスがトップ5入り。

初日にHRCから投入されたニューエンジンを試した初日総合11番手のアレックス・リンスと初日総合10番手のアレックス・マルケスは、0.958秒差の総合10番手、0.970秒差の総合11番手。

初日総合1番手のロマーノ・フェナティは、1.016秒差の13番手。初日にKTMから投入されたスイングアームを試して総合2番手だったカレル・ハニカは、1.482秒差の17番手に後退した。

オフィシャルテスト2日目
セッション4: 1分46秒727 (J.ミラー)
セッション5: 1分46秒809 (D.ケント)
セッション6: 1分46秒259 (J.ミラー)

オフィシャルテスト1日目: 1分47秒242 (R.フェナティ)

オフィシャルテストベストラップ: 1分46秒046 (J.ミラー)
サーキットレコードラップ: 1分46秒948 (2013年-L.サロン)
サーキットベストラップ: 1分46秒660 (2013年-A.リンス)

オフィシャルテストリザルト

Tags:
Moto3, 2014, Jack Miller, Red Bull KTM Ajo

Other updates you may be interested in ›