初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

D.ペドロサ:「レプソルとホンダの協力関係で新規則に素早く適応できる」

D.ペドロサ:「レプソルとホンダの協力関係で新規則に素早く適応できる」

セパンでのオフィシャルテストとフィリップアイランドでのタイヤテストで、順調にテストプログラムを消化してきたペドロサが、プレシーズンを好評価。ホンダとレプソルのコラボにより、新規定に従ったバイクの準備が整い、好感触を掴んで、最高峰クラス9年目に挑戦することを明かした。

レプソル・ホンダのダニ・ペドロサは、来週末に迫った2014年シーズンの緒戦、開幕戦カタールGPを控えて、プレシーズン3度のテストを総括。万全の準備が整い、好感触を得た通算14年目、最高峰クラス9年目のシーズンに向けて抱負を語った。

マレーシアとオーストラリアのテストを終えて、プレシーズンの総括は?
評価はかなりポジティブ。トラックの特性が異なる2つのサーキットで沢山走り込んで、タイヤに関しても有益なテストができた。全体的には、まだ改善の余地はあるけど、大きく前進した。あとは、その改善にどれくらいの時間が必要なのを確認する。

開幕戦に向けて、ホンダにどのような課題を与えたか?
マシンの全体的な改良。僕たちが前進する上で重要な要素は、シャーシと電子制御。特にシーズン序盤で、この部分は大きく改良できると思う。

2014年型のホンダは、ニューマシンと言えるだろうか。それとも、昨型のベースを維持して、さらに進化させたバージョンだろうか。
このバイクは、昨年型のベースをかなり維持している。もちろん、新たな規則に適応させる必要があるから、多少の変更があった。大事なのは、今後も正しい方向に進んでいけるようにバイクを進化させることだ。

1年前より戦闘力が高まったバイクと言えるだろうか?ストロングポイントは?
現時点で戦闘的が高まったかどうかを断言するのは難しい。レースで確認しないと。それに、タイヤも変更された。しかし、最終的にはライバルたちとバトルするわけだから、上位に進出には、バイクの性能だけでなく、ライダーの能力も関わってくる。序盤でそれぞれのストロングポイントを見極める必要があるだろう。

新規則により燃料が1リットル減量することで、バイクのパフォーマンスに影響があったか?レプソル社の協力により、昨年と同じようなパワーを維持するために、燃費を向上させることに成功したか?
本当にそう思う。僕たちにとって、レプソルとホンダの密接な協力関係は幸運なこと。エンジンと燃料の相乗効果は、燃料に関する新規定に対して、いち早く適応するために、より効果的で実用的だ。このコンビネーションが再び勝利を導くか見てみよう。

開幕戦まであと1週間。ダニ・ペドロサはどんな状態でカタールに乗り込むだろうか?現状のレベルと体調、経験を踏まえて、2014年シーズンにどのように立ち向かおうとしているか?
正直、すごく楽しみ。冬の間、チーム全員でしっかり働いたから、できるだけポジティブな感覚で臨まないと。全力を尽くして、とにかく、意欲を持ってスタートしないと。

昨年は君とロレンソが負傷欠場したアッセンを除いて、3人が常に優勝した。今年は優勝者の選択肢が広がるだろうか?
そのようなことを予想をするのは、まだ早い。開幕するまでは、どんな展開になるか想像できない。

優勝候補者が増えた場合、タイトルを獲得するには、安定した成績より、優勝回数が重要になるだろうか?
もちろん、優勝すれば多くのポイントが稼げる。ポイントを獲得すればするほど、安定した成績も収めることができる。優勝は重要。ポイントを獲得することは常に大事だ。

開幕戦が待ち遠しいなか、その時までどのようにして過ごすつもりか?
ここ数日間はあっという間だった。トレーニング、遠征の準備、必要なマテリアルの整理、開幕に向けての精神的な準備など、常にやるべきことがある。僕たちは日々フィジカルトレーニングに時間を費やしている。11月と12月はバカンスだけど、1月からはスポンサー活動を除けば、毎日トレーニングに多くの時間を費やしている。

ドゥカティのプレシーズンとオープンオプションへの移行をどのように評価する?
今年何らかの変化があるだろう。他のオプションに参入することは、上位進出に役立つかもしれないけど、現時点は未知数。オープングレースのシグナルが消灯するまで、それぞれがどこに位置するのか分からない。

Tags:
MotoGP, 2014, Dani Pedrosa, Repsol Honda Team

Other updates you may be interested in ›