初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

M.マルケス:「タイトル防衛は初めての経験」

M.マルケス:「タイトル防衛は初めての経験」

最高峰クラスに初挑戦した2013年に史上最年少の記録を次々に書き換えた王者マルケスが、右脚腓骨骨折から順調に回復していることを説明。2年目のシーズンを前に心境を語り、重圧を感じながら、初めてのタイトル防衛に挑戦することを明かした。

レプソル・ホンダのマルク・マルケスは、来週末に迫った2014年シーズンの緒戦、開幕戦カタールGPを控えて、2月18日にスーパーモタードを使用したトレーニング中に骨折した右脚腓骨の回復状況を説明。チャンピオンとして迎える最高峰クラス2年目に向けて、抱負を語った。

怪我からの回復状況は?身体面、精神面は?
良くなっている。骨は固まってきた。それが大切。ミル医師の診断を受ける度に、順調に回復していることを確認した。リハビリのペースも徐々にアップしているから、カタールが楽しみ。100%ではないけど、可能な限り、準備を整えるつもりだ。

約2ヶ月近く、バイクに乗らずにシーズンのスタートを迎えることになるけど?
当然、通常のプレシーズンを勧めて、しっかりと準備を整えたかったけど、状況はこうだ。我慢しないと。特にバイクに乗っていないから、最初のセッションは慎重に走るつもり。最初のテストは良かったし、沢山のことを試すことができたから、冷静になる必要がある。もちろん、テストの課題を消化しなかったから、シーズンの序盤はその課題を消化する必要がある。カタールの最優先事項は、落ち着いて取り組むことだ。

最初のテストで2014年型を試したけど、昨年型と比較して大きく違うところは?
2014年型は2013年型に非常に似たようなバイク。当然、新しい規定、特に燃料量に関して適合する必要があった。シャーシとスイングアームは違うけど、バイクの挙動は非常に似ている。重要なのは僕たちが良くなったこと。僕たちは良い状態にあるけど、他のサーキットで検証する必要がある。

2014年は、昨年に引き続いて、3人のスペイン人たちによるバトルが予想される。ロッシの復調。オープンオプション勢など話題が沢山ある。2014年をどのように立ち向かうつもりか?
タフなシーズンとなるだろう。沢山のライダーたちがグッドなタイムをマークした。オープンオプションのパフォーマンスも興味深い。特にリアにソフトタイヤを履くことから、予選では前に出て来る。レースレベルは高くなるだろう。主なライバルは、ロレンソとペドロサ。ロッシは昨年不足していたグッドなペースを刻んで、グレートなプレシーズンだった。ドゥカティの役割、ポル・エスパルガロのデビュー、アレックス・エスパルガロのオープンオプションなど、幾つも確認することがある。ファンにとって、面白いシーズンとなるだろう。

タイトル獲得に成功した後、今年はチャンピオンの最有力候補に挙げられる。その重圧は?
チャンピオンになること、タイトルを防衛することで、プレッシャーはある。最初のセッションは、世界中の注目を集めるから注意しないと。緒戦はプレシーズンを欠場した言い訳があるけど、重要なのは、ポイントを稼ぐことだ。

今までにタイトル連覇にチャレンジしたことがなかった。これが目標か?
今まではタイトルを獲得した後に、次のクラスに昇格したから、タイトル防衛を経験することは興味深い。これは僕にとって初めての挑戦。このような経験は一度もなかったから、ナイスな経験となることは間違いないだろう。ゼッケン1を身に着けない。ゼッケン93が幸運をもたらしてくれたから、変更したくない。僕はチャンピオン。タイトル防衛にトライしよう。

初戦の舞台となるカタールの思い出は?
すごく良い思い出がある。特に昨年はMotoGPクラスでのデビュー戦で、週末は神経質だった。タイトルを争ったバレンシアの時よりも落ち着きがなかったけど、ダニの後ろで走り、終盤にバレンティーノとバトル。グッドなレースで表彰台を獲得した。どれもがとても良い思い出で、決して忘れない週末となった。

最後に、レプソル・ホンダの20周年記念となる2014年シーズンのファイナルランキングは?
僕の予想は、当然、聞こえが悪いけど、レプソル・ホンダの20周年を祝福するために、僕がランク1位でダニが2位。ホルヘ・ロレンソが3位だ。

Tags:
MotoGP, 2014

Other updates you may be interested in ›