初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

フリー走行3:オープンオプションのエスパルガロ兄がキャリア初の1番時計3連発

フリー走行3:オープンオプションのエスパルガロ兄がキャリア初の1番時計3連発

セッション20分過ぎに小雨がぱらついた3度目のプラクティスで、フリー走行1から1番手に進出したエスパルガロ兄が、2週間前のオフィシャルテストで記録したタイムを更新して、キャリア初のフリー走行総合1番手に進出。イアンノーネ、バウティスタ、ドビツィオーソ、マルケスが続き、ロレンソとロッシは7番手と9番手。ペドロサは10番手。青山は2.1秒差の16番手だった。

開幕戦カタールGPのフリー走行3は21日、ロサイル・インターナショナル・サーキットで行われ、アレックス・エスパルガロがトップタイムをマーク。キャリアで初めてフリー走行総合1番手に進出した。

気温22度。路面温度25度のドライコンディションの中、フリー走行1から連続してセッションを制したエスパルガロ兄は、1分55秒台を3回、1分54秒台を2回記録。2週間前に当地で開催された今年3度目のオフィシャルテストで総合1番手に進出したラップタイム(1分54秒874)を上回る1分54秒773の1番時計を刻んだ。

フリー走行2で4番手から10番手に後退したアンドレア・イアンノーネは、最多の19ラップを周回すると、1分56秒台を最多の10回、1分55秒台を2回記録。0.413秒差の2番手に浮上して、最高峰クラスでのベストリザルトに進出。

フリー走行2で3番手だったアルバロ・バウティスタは、1分56秒台を7回、1分55秒台を3回記録して、0.467秒差の3番手を維持。

フリー走行2で14番手から2番手に浮上したアンドレア・ドビツィオーソは、1分56秒台を7回、1分55秒台を1回記録して、0.477秒差の4番手。

フリー走行2で4番手のマルク・マルケスは、1分56秒台を5回、1分55秒台を2回記録して、0.673秒差の5番手。

フリー走行2で6番手のブラドリー・スミスは、11ラップ目に転倒を喫したが、1分56秒台を5回、1分55秒台を2回記録して、0.701秒差の6番手を維持。

フリー走行2で11番手のホルヘ・ロレンソは、1分56秒台を5回、1分55秒台を2回記録して、0.722秒差の7番手に浮上。

フリー走行2で7番手のステファン・ブラドルは、1分56秒台を7回、1分55秒台を2回記録して、0.903秒差の8番手。

フリー走行2で9番手のバレンティーノ・ロッシは、1分56秒台を6回、1分55秒台を3回記録して、0.929秒差の9番手。

フリー走行2で4番手のダニ・ペドロサは、1分56秒台を5回、1分55秒台を3回記録して、0.981秒差の10番手に後退したが、フリー走行2のタイムで総合8番手。

フリー走行2で転倒を喫して8番手だったポル・エスパルガロは、1.020秒差の11番手。0.091秒差で公式予選2への進出を逃せば、フリー走行2で13番手のカル・クラッチローは、4ラップ目に転倒を喫して、1.240秒差の12番手。

フリー走行2で18番手の青山博一は、3度のコースインで18ラップを周回すると、1分57秒台を3回、1分56秒台を1回記録して、2.166秒差の16番手だった。

リザルト

Tags:
MotoGP, 2014, COMMERCIAL BANK GRAND PRIX OF QATAR, FP3

Other updates you may be interested in ›