初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

レプソル・ホンダのペドロサとマルケスはフリー走行1で6番手と11番手

レプソル・ホンダのペドロサとマルケスはフリー走行1で6番手と11番手

タイヤテストに参加したことから、当地でのテストを欠場したペドロサが、不参加組の1番手となる1.1秒差の6番手に進出すれば、6週間ぶりにRC213Vを走らせたマルケスは、1.4秒差の11番手。想像していたより、骨折した右脚が痛まなかったことを説明した。

レプソル・ホンダのダニ・ペドロサは、開幕戦カタールGPのフリー走行1でトップタイムから1.1秒差の6番手発進。マルク・マルケスは、1ヶ月前に骨折した右脚腓骨の回復具合を確認しながら、1.4秒差の11番手だった。

第16戦オーストラリアGPの開催地、フィリップアイランドで実施されたタイヤテストに参加したことから、当地で行われたオフィシャルテストを欠場したペドロサは、4度のコースインで17ラップを周回。1分56秒台を4回記録して、1.131秒差の6番手。

「2週間前にテストを実施したライダーたちから聞いていたように、グリップの問題があった。トラックのグリップがないから、この状況の中で、バイクから最大限のことを引き出せるようにトライしよう。トラックは汚れてなくて、良かったけど、グリップが本当に何もなかった。セッション毎に良くできるか見てみよう」と、グリップ不足を説明。

2月18日に右脚を骨折したマルケスは、プレビューとプレスカンファレンスで発言したように、慎重に走り始めると、3度のコースインで15ラップを周回。1分56秒台を3回記録して、1.481秒差の11番手。

「久しぶりにバイクに乗ったから、最初のセッションの進み方に満足。特に右コーナーで思っていたよりも脚が痛まず、セッションの終盤にはスムーズになってきたから、明日以降、脚の状態が良くなって行くと期待する。ダニ、ホルヘ、バレンティーノからそれほど離されていない。2週間前にテストを実施したライダーたちが最初から速いのは通常のこと」と、右脚の状態を説明した。

Tags:
MotoGP, 2014, COMMERCIAL BANK GRAND PRIX OF QATAR, Marc Marquez, Dani Pedrosa, Repsol Honda Team

Other updates you may be interested in ›