初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

レプソル・ホンダのマルケス&ペドロサはフリー走行総合5番手と8番手

レプソル・ホンダのマルケス&ペドロサはフリー走行総合5番手と8番手

1ヶ月前に右脚腓骨を骨折したマルケスが、初日の11番手から5番手に浮上。右脚に力が入るようになったことを喜べば、ペドロサは6番手から8番手に後退したが、決勝レースに向けて仕事が進んでいることを説明した。

レプソル・ホンダのマルク・マルケスは、開幕戦カタールGPの2日目にトップタイムからコンマ6秒差の総合5番手に浮上。ダニ・ペドロサは、コンマ7秒差の総合8番手だった。

フリー走行1で11番手だったマルケスは、フリー走行2で0.618秒差の5番手に浮上。フリー走行3では、3度のコースインで16ラップを周回すると、1分56秒台を5回、1分55秒台を2回記録して、0.673秒差の5番手を維持した。

「すごく良かった。望むように上位に進出しなかったけど、昨日よりも右脚の状態が良くなったから嬉しい。少し力が入るようになり、痛みが少しだった。セットアップが良くなったけど、バイクも僕のライディングも良くなって行く余白がある。明日もこの調子で仕事を続けよう。オープンはソフトタイヤを使用するけど、重要なのはレースだ」と、1ヶ月前に骨折した右脚腓骨が回復していることを喜んだ。

初日6番手だったペドロサは、2日目最初のプラクティスで0.573秒差の4番手に浮上。3度目のプラクティスでは、3度のコースインで16ラップを周回すると、0.981秒差の10番手に後退したが、2度目のタイムで総合8番手だった。

「1ラップのタイム、レースペース、タイヤのフィーリング、満タン時の感触など、全てを少し良くするために仕事に取り組んでいる。僅かな時間で沢山のことに取り組み、今のところ、今日は一歩前進した。グッドなタイムをマークする可能性があるけど、予選に向けてグッドなタイムをマークする仕事をする必要がある。速く走るライダーたちがいる。タフな予選となるだろう」と、2日目を振り返り、予選の展開を予想した。

Tags:
MotoGP, 2014, COMMERCIAL BANK GRAND PRIX OF QATAR, Marc Marquez, Dani Pedrosa, Repsol Honda Team

Other updates you may be interested in ›