初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ウォームアップ走行:11番グリッドのイアンノーネが最高峰クラスで初めての1番時計

ウォームアップ走行:11番グリッドのイアンノーネが最高峰クラスで初めての1番時計

初日から好走を見せた11番グリッドのイアンノーネが、2年目の最高峰クラスで初めて1番時計を記録。破損した2台から1台のバイクを修復したエスパルガロが2番手に浮上。ロレンソ、バウティスタ、ロッシが続き、ポールポジションのマルケスは6番手。ペドロサは8番手。青山は19番手だった。

開幕戦カタールGPのウォームアップ走行は23日、ロサイル・インターナショナル・サーキットで行われ、アンドレア・イアンノーネがトップタイムをマーク。決勝レース前のプラクティスを制した。

気温25度。路面温度24度のドライコンディションの中、11番グリッドのイアンノーネは、1分56秒台を2回、1分55秒台を4回記録。1分55秒657で2年目の最高峰クラスで初めて1番時計を刻んだ。

公式予選2で2度の転倒を喫した9番グリッドのアレックス・エスパルガロは、破損した2台のFTR-ヤマハから1台のバイクを組み立てて、1分56秒台を3回、1分55秒台を5回記録して、0.54秒差の2番手に浮上。

5番グリッドのホルヘ・ロレンソは、1分56秒台を6回、1分55秒台を1回記録して、0.112秒差の3番手。

2番グリッドのアルバロ・バウティスタは、1分56秒台を5回、1分55秒台を3回記録して、0.211秒差の4番手。

10番グリッドのバレンティーノ・ロッシは、1分56秒台を7回、1分55秒台を2回記録して、0.320秒差の5番手に浮上。

ポールポジションのマルク・マルケスは、1分56秒台を2回、1分55秒台を1回記録して、0.333秒差の6番手。ブラドリー・スミス、ダニ・ペドロサ、ステファン・ブラドル、ポル・エスパルガロがトップ10入り。

8番グリッドのカル・クラッチローは、10ラップ目の2コーナーで転倒を喫して、0.762秒差の11番手。4番グリッドのアンドレア・ドビツィオーソは、0.850秒差の12番手。

15番グリッドの青山博一は、1分57秒台を6回記録して、1.672秒差の19番手だった。

Tags:
MotoGP, 2014, COMMERCIAL BANK GRAND PRIX OF QATAR, WUP

Other updates you may be interested in ›