初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

A.エスパルガロがフリー走行総合1番手から2度の転倒で9番手に後退

A.エスパルガロがフリー走行総合1番手から2度の転倒で9番手に後退

フリー走行総合1番手で3日目を迎えたエスパルガロ兄が、フリー走行4で最速リズムを掴んだが、公式予選2で連続転倒。キャリア初となるポールポジション獲得の機会を失ったが、決勝レースに自信を見せた。

NGM・モバイル・フォワード・レーシングのアレックス・エスパルガロは、開幕戦カタールGPの公式予選で2度の転倒が影響して、9番手に後退。明日の決勝レースを3列目から迎える。

総合1番手に進出した2週間前のオフィシャルテストの勢いを持ち込み、フリー走行1から連続して1番時計を記録。キャリア初となるフリー走行総合1番手に進出すると、3日目のフリー走行4で0.032秒差の3番手だったが、1分55秒台を最多の7回記録。

公式予選2では、3ラップ目の2コーナーで転倒。バイクを乗り換えた5ラップ目の14コーナーで2度目の転倒を喫して、2ラップ目のラップタイムで0.479秒差の9番手に後退した。

「3度のセッションで1番速くて、ハードタイヤを履いたフリー走行4でストロングなペースがあったから、とても悲しい。ソフトタイヤに履き替えたら、フロントの快適さを失い、プッシュしたけど、フロントを失って転んでしまった。トラックに戻って、ポールタイムより速かったときに、もう一度フロントを失ってしまい、転んでしまった。」

「残念。今夜は2台のバイクを修復しなければいけないチームに申し訳ない。僕のミス。チャンスを失ってしまったけど、シーズンは長い。またチャンスが来るだろう。明日はもっと難しいレースになるだろう。上位に進出するために沢山のライダーたちを抜かないといけないけど、自信がある」と、気持ちを切り替えた。

Tags:
MotoGP, 2014, COMMERCIAL BANK GRAND PRIX OF QATAR

Other updates you may be interested in ›