Tickets purchase
VideoPass purchase

ウォームアップ走行:ポールポジションのリンスが連続の1番時計

公式予選で1番時計を記録したリンスが、決勝レース前のプラクティスで最速リズムを刻むと、15番グリッドのバスケスが2番手に浮上。マルケス弟、マックフィー、ビニャーレスが続き、ミラーは1.2秒差の9番手だった。

開幕戦カタールGPのウォームアップ走行は23日、ロサイル・インターナショナル・サーキットで行われ、アレックス・リンスがトップタイムをマーク。決勝レース前のセッションを制した。

気温27度。路面温度34度のドライコンディションの中、ポールポジションのリンスは、2分08秒台を5回、2分07秒台を3回記録。2分07秒227の1番時計を刻んだ。

15番グリッドのエフレン・バスケスは、2分08秒台を3回、2分07秒台を2回記録して、0.289秒差の2番手に浮上。

2番グリッドのアレックス・マルケスは、2分08秒台を1回、2分07秒台を4回記録して、0.531秒差の3番手。

7番グリッドのジョン・マックフィーは、2分08秒台を3回記録して、0.797秒差の4番手に進出。ホンダ勢が上位を独占した。

5番グリッドのイサック・ビニャーレスは、0.968秒差の5番手を維持。ロマーノ・フェナティ、ヤコブ・コーンフィール、ニッコロ・アントネッリが続き、3番グリッドのジャック・ミラーは、1.227秒差の9番手。アレックス・マスボーがトップ10入り。

公式予選で転倒を喫して腰部を強打したガブリエル・ラモスは、メディカルチェックで参戦の許可が下ったが、走行を見送った。

Tags:
Moto3, 2014, WUP

Other updates you may be interested in ›