初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

モンスター・ヤマハ・テック3のヤングライダー2人が転倒と技術トラブルでリタイヤ

モンスター・ヤマハ・テック3のヤングライダー2人が転倒と技術トラブルでリタイヤ

自己最高位の3番グリッドからトップグループ内で走行したスミスが、ベストトリザルト獲得を目前に転倒。12番グリッドからセカンドグループに進出したエスパルガロ弟が、メカニカルトラブルでリタイヤ。戦列からの離脱を強いられてが、オープニングレースで存在感の走りを見せた。

モンスター・ヤマハ・テック3のブラドリー・スミスは、ロサイル・インターナショナル・サーキットで開催された開幕戦カタールGPの決勝レースで、3番グリッドから転倒。ポル・エスパルガロは、12番グリッドからメカニカルトラブルが発生して、リタイヤを強いられた。

2週間前に当地で開催されたオフィシャルテストで総合3番手だった23歳のイギリス人ライダーは、フリー走行3でハイサイドから転倒を喫したが、フリー走行4で初めて1番時計を記録すると、公式予選では3番手に進出して自己最高位の1列目を獲得。

ウォームアップ走行で7番手だった後、決勝レースでは、トップグループ内で走行。自己最高位の6位を上回る成績を獲得する可能性が高まったが、19ラップ目、ラスト4ラップで転倒を喫した。

「レース中に全力を尽くして、このような形でシーズンのオープニングレースが終わってしまうのは、理想的ではない。バイクのグッドなフィーリングがあったけど、トップに接近するのは難しかった。その中で残り5、6ラップで彼らを捕まえようとトライすることを決断した。」

「不運にも転んでしまった。金曜のビッククラッシュの後で、バイクを修復してくれたチームに感謝したい。今は今週末のポジティブな面を振り返り、気を引き締め直し、新たに自信を持って、戦闘的になる必要がある」と、次戦に向けて気持ちを切り替えた。

オフィシャルテストで総合2番手に進出した直後に左鎖骨を骨折した22歳のスペイン人ライダーは、フリー走行2でハイサイドから転倒を喫したが、公式予選1で1番時計を記録して、公式予選2に進出。

ウォームアップ走行で10番手だった後、デビュー戦を4列目からスタートさせると、6位争いのグループに位置。9番手走行中の18ラップ、残り5ラップにメカニカルトラブルが発生したことから、ピットボックスに戻ることを決断した。

「幸運が助けてくれたとは言えない。怪我から完治していない状態で週末が始まり、金曜に転んでしまったから、少し自信を失ってしまった。転倒で怪我が悪化しなかったのは良かった。それに、チームが自信を取り戻すためにサポートしてくれた。」

「今日のデビュー戦でトップ6入りができたかもしれないから、バイクに起きてしまったことが残念。僕のパフォーマンスは戦闘的だったから嬉しい。問題が発生する前には、トップからコンマ8秒差で、ドビツィオーソとアレックス(・エスパルガロ)を捕まえることができた。これは期待以上だった。これから休んで、次戦に向けて体調を100%に整えたい」と、デビュー戦を振り返った。

Tags:
MotoGP, 2014, COMMERCIAL BANK GRAND PRIX OF QATAR

Other updates you may be interested in ›