初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

レプソル・ホンダが3冠連覇に向けてダブル表彰台獲得

レプソル・ホンダが3冠連覇に向けてダブル表彰台獲得

2月18日に右脚腓骨を骨折して、2度のテストを欠場したマルケスが、ポール・トゥ・フィニッシュを達成。開幕戦表彰台=タイトルのジンクスに向けて好発進すれば、ペドロサが6番グリッドから3位。初タイトル獲得に向けて表彰台を獲得した。

レプソル・ホンダのマルク・マルケスは、開幕戦カタールGPの決勝レースで、ポールポジションから優勝。タイトル連覇に向けて好発進すれば、ダニ・ペドロサは、6番グリッドから3位を獲得。ダブル表彰台で2014年シーズンをスタートさせた。

ウォームアップ走行で6番手だったマルケスは、リアタイヤにファクトリーオプションで唯一硬めを選択すると、当地ロサイル・インターナショル・サーキットで初タイトル(125ccクラス)を獲得した2010年以来2度目、最高峰クラスで通算10度目、キャリア通算38度目のトップグリッドからスタートすると、レース前半はステファン・ブラドル、後半はバレンティーノ・ロッシとのバトルを展開。

ゴールラインまで繰り広げられた優勝争いを0.259秒差で競り勝って、当地では2012年以来2勝目、最高峰クラスで通算7勝目、キャリア通算33勝目を飾り、オープニングレースとしては、タイトルを獲得した2010年(125ccクラス)、2012年(Moto2™クラス)、2013年(MotoGP™クラス)に続いて、4度目の表彰台を獲得した。

「今日の結果がすごく嬉しい。25ポイントだけど、プレシーズンの多くの時間を失ってしまった怪我の後だったから重要なレースだった。今週末は沢山のライダーたちが僕よりも前のポジションに進出して、みんなリズムが良かったから、このようなレース展開を予想していた。この優勝は非常に重要。バレンティーノとのバトルは優勝よりもナイスだった。すごく楽しかった!」と、会心の笑みでオープニングレースを振り返った。

決勝レース前のプラクティスで8番手だったペドロサは、6番グリッドから1ラップ目に7番手に後退したが、トップグループに位置。昨年は表彰台を逃したが、今年は3.370秒差の3位に入り、2年ぶりに開幕戦で表彰台を獲得した。

「3位はポジティブなリザルト。僕にとって厳しいトラックで、週末を表彰台で締め括ったから、良い形でシーズンをスタートさせることができた。(優勝に)近かったけど、転倒が多発していたから、完走することが重要だった。これからもっと良くして行き、次戦で優勝争いに挑戦しよう」と、好発進したことを説明した。

Tags:
MotoGP, 2014, COMMERCIAL BANK GRAND PRIX OF QATAR, Dani Pedrosa, Marc Marquez, Repsol Honda Team

Other updates you may be interested in ›