初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

NGM・フォワード・レーシングのエスパルガロ兄がオープンの最高位4位に進出、エドワーズは9位

NGM・フォワード・レーシングのエスパルガロ兄がオープンの最高位4位に進出、エドワーズは9位

FTRとの技術提携を結び、ヤマハからM1のリースパッケージを使用するフォワード・レーシングの2人が、揃ってシングルフィニッシュを達成。エスパルガロ兄は自己最高位を獲得。エドワーズはレギュレーション改訂の2012年から2度目の1桁台に進出した。

NGM・フォワード・レーシングのアレックス・エスパルガロは、ロサイル・インターナショナル・サーキットで開催された開幕戦カタールGPの決勝レースで、9番グリッドから自己最高位の4位を獲得。コーリン・エドワーズは、14番グリッドから9位。チーム部門でランク4位に進出した。

2週間前のオフィシャルテストで総合1番手に進出した24歳のエスパルガロ兄は、公式予選2で2度の転倒を喫したが、ウォームアップ走行で2番手に進出。3列目から迎えた決勝レースでは、2台のドゥカティを追走。自己最高位タイの8番手に位置して、安定して1分56秒台のリズムを刻むと、9ラップ目にカル・クラッチロー、10ラップ目にアンドレア・ドビツィオーソをオーバーテイク。終盤に上位陣が相次いで転倒したことから、4位でチェッカーを受けた。

「僕とチームにとって、この結果が嬉しい。土曜の2度のミスで、今日のレースは本当に難しかった。3列目からのスタートで、フルタンクでトップスピードにアドバンテージがあるドゥカティを追い越すのが難しかった。ミスを犯したくなかったから、序盤は無理しなかった。辛抱して、オーバーテイクする適切な瞬間を待った。」

「上位陣とバトルするペースがあったから残念だけど、ランク4位に喜ばないと。チームとコーリンに感謝したい。2度の転倒でバイクが破損してしまい、バイクを組み立てるために、彼が2号車から幾つかのパーツをまわしてくれた」と、チームメイトの協力と徹夜で改修作業に取り組んだチームに感謝の言葉を送った。

オフィシャルテストで総合7番手だった参加者最年長40歳のエドワーズは、旋回性の問題解決に専念。ライディングスタイルの変更も含めて取り組むと、フリー走行1から8番手、12番手、14番手、14番手。ウォームアップ走行は15番手。決勝レースでは単独走行で、昨年6月の第6戦カタルーニャGP以来となるシングルフィニッシュを果たした。

「最初からグリップ不足に悩まされて、思っていたようなレースにならなかった。最大の問題は曲らないこと。仕事を続けよう。改善できるはずだ。テキサスでのホームレースが楽しみだ」と、課題を説明した。

Tags:
MotoGP, 2014, COMMERCIAL BANK GRAND PRIX OF QATAR, Aleix Espargaro, Colin Edwards, NGM Forward Racing

Other updates you may be interested in ›