初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

F.スペンサーがマルケス、ロッシ、ロレンソ、オープンオプションを語る

F.スペンサーがマルケス、ロッシ、ロレンソ、オープンオプションを語る

レジェンドライダー、フレディ・スペンサーが、新旧王者マルケスとロッシが優勝争いを演じた開幕戦カタールGPの印象を語り、オープンオプションの規定がレースを面白くさせることを説明。次戦アメリカズGPを予想した。

1983年に500ccクラスで当時の史上最年少王者に輝き、1985年に500ccクラスと250ccクラスを制覇したレジェンドライダー、フレディ・スペンサーは、当サイトのインタビューに応え、開幕戦カタールGPで優勝争いを繰り広げたマルク・マルケスとバレンティーノ・ロッシ、1ラップ目に転倒リタイヤを喫したホルヘ・ロレンソ、新たに導入された技術規定、オープンオプションなどについて語った。

新たなプロジェクトとして、フランスのポール・リカール・サーキットで立ち上げたライディングスクールに関して説明してください。
当然、ライディングスクールですが、それ以上なことです。モーターサイクルの体験となるでしょう。過去、ラスベガスに所有していたライディングスクールを発展させたものとなります。より個人的となり、ロケーションと施設は大変素晴らしく、沢山の人たちが協力してくれます。

ライディングスクールの体験は、大変特別なものとなるでしょう。誰もが訪れることができ、私の個人レッスンを受けられます。私は1人のライダーを指導することを好み、困難なポイントを正確に指摘できるでしょう。非常に特別なライディングスクールになります。

ライディングスクールの受講生から、開幕戦カタールGPで繰り広げられたマルク・マルケスとバレンティーノ・ロッシのファンタスティックなバトルに関して、意見が求められたのではないでしょうか?
その通り!私は現在の所在地であるフランスのマルセイユでテレビ観戦しました。グレートなバトル。バレンティーノは、予選がレースに反映されないと語り、昨年は上手く走れていたことから、驚くことはありませんでしたが、例えば、ステファン・ブラドル、アルバロ・バウティスタ、ブラドリー・スミスといった多くのライダーたちのトップ争いが観られたことは、大変興味深かったです。

ホルヘ(・ホレンソ)は1ラップ目でリタイヤしました。そうならなければ、多くのライダーたちは彼を抜くのに苦戦したと思いますが、転倒を喫して、マルクとバレンティーノの間でバトルが展開され、エキサイティングなレースとなりました。オースティンが楽しみです。カタールは唯一のレースですが、決定的にスリリングなレースとなりました。

マルケスのパフォーマンスに関して言えることは?
100%の走行だったとは思えません。その必要もありませんでした。必要な瞬間に正確に走りました。これは成熟の走りです。20秒差で勝つこと、コンマ数秒差で勝つこと、タイム差は重要ではありません。彼はプラクティスと予選でリスクを冒しませんでした。彼のアプローチは昨年とは違うと言えるでしょう。転倒せず、予選の重要なときまで速く走らず、レースで勝ちました。非常にコントロールしたアプローチです。やるべきことをやっただけですが、彼とバレンティーノは素晴らしい仕事をしました。

ロッシは将来を決断するため、序盤の6戦が重要だと明かしました。
昨年アッセンでの優勝が重要な意味を持ち、モチベーションを維持させ、改めてレースに勝つという自信をもたらせたことを知っています。将来は序盤6戦次第だと言ったなら、そう思います。クルーチーフを変更した後で、通常よりも戦闘的になるために重圧がかかります。

ロレンソはグリップ不足を訴えました。タイヤに関係した欲求不満を経験した記憶がありますか?
もし、数年前を思い出せば、(2012年に)タイヤが変更され、ホンダは厳しい状態にありました。現状、ホルヘとヤマハは困難な時期にあります。

私はラジアルタイヤを最初にテストした記憶があります。単純に、バイクを機能するように持って行くことができませんでした。このようなことが起きてしまうと厳しいです。ホルヘの場合、最大傾斜角のときに、多少のフィーリングを失います。各細かいところを感じることができなければ、それ以上な走行が難しいです。これは限界持って行き、プッシュするには、必要なことです。

ホルヘはこのような感触を持つコントロールライダーです。彼のスタイルは精密。私も少しそのようなライダーでした。私のスタイルは、ホルヘとマルクの中間でしたが、限界と現実的なプッシュを見つけられる能力があることは重要で、そのようなことができなければ、状況を受け入れることは難しいです。もし、タイヤが変更されれば、機能するようにサスペンションのセッティングにトライしなければいけません。妥協点が見つかるかです。

オープンオプションとそのアドバンテージをどう考えますか?
オープンオプションのバイクは、上位陣により接近することになるでしょう。コントロールされていますが、レースにとっては良く、グループがよりコンパクトになります。ファクトリーオプションのバイクは、エンジンの開発ができませんが、もしかしたら、より興味深いシーズンとなるかもしれません。

例えば、(ドゥカティが成績次第で)アドバンテージが使用できなくなるときなど、他の変更も特に興味深いです。ドゥカティは、戦闘的になる必要があるから、この決断を下したと理解します。今、戦闘的になる素晴らしい機会を得ました。

昨年、マルケスはオースティンで史上最少年優勝記録を更新しました。今年も似たような展開となるでしょうか?
マルクは昨年大変快適に走っていたように見えました。ホンダは、トップスピードと加速が必要なあのトラックに良く機能します。重圧はホルヘとヤマハにかかると思います。シーズンは長く、まだ2戦目ですが、ホルヘはカタールのリタイヤにより、マルクから25ポイントのギャップが広がったことから、多少の重圧がかかるでしょう。

私は特に他のライダーに関心があります。アレックス・エスパルガロが素晴らしいパフォーマンスを継続できるか、ブラドル、バウティスタ、スミスの走りにも注目する必要があるでしょう。予測できません。新しい規則は大変批判されましたが、これはレースであり、緒戦は大変興味深かったです。

Tags:
MotoGP, 2014

Other updates you may be interested in ›