初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ブリヂストンが左回りトラックに右側にハード、左側にソフトの左右非対称コンパウンドを投入

ブリヂストンが左回りトラックに右側にハード、左側にソフトの左右非対称コンパウンドを投入

反時計回りのサーキット・オブ・ジ・アメリカズに向けて、タイヤサプライヤーのブリヂストンは、右コーナーの方が深いバンク角での速度が速く、タイヤの温度が右の方が高くなることから、右側が硬く、左側が軟らかい左右非対称のコンパンドを準備する。

MotoGP™クラスのオフィシャルタイヤサプライヤー、ブリヂストンは、今週末にサーキット・オブ・ジ・アメリカズで開催される第2戦アメリカズGPに向けて、右側にハード、左側にソフトの左右非対称コンパウンドを投入する。

昨年初開催された当地は、1周5513メートル、右9コーナー、左11コーナーの反時計回りレイアウト。右コーナーの方が深いバンク角での速度が速く、タイヤの温度が右の方が高くなることから、右側が硬く、左側が軟らかいコンパンドを配置。

コンパウンドは、昨年と同じで、フロントにミディアム(黒)とソフト(白)。リアは、ファクトリーマシン用にハード(赤)とミディアム(黒)、オープンオプションマシン用にミディアム(黒)とソフト(白)。

ハード(赤)に関しては、昨年末に開発したエッジグリップ向上の構造を採用していることから、選択するライダーたちが増えることが予想される。

Tags:
MotoGP, 2014, RED BULL GRAND PRIX OF THE AMERICAS

Other updates you may be interested in ›