初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

モビスター・ヤマハ、南米経由米国入り

モビスター・ヤマハ、南米経由米国入り

ヤマハのファクトリーライダー、ロッシとロレンソは、アメリカで開催されるシーズン2戦目を前に、欧州から南米に移動。ブラジル、コロンビア、メキシコでプロモーション活動に取り組み、交流したファンのパワーを得て、上位進出を目指す。

モビスター・ヤマハ・MotoGPのバレンティーノ・ロッシとホルヘ・ロレンソは、プロモーションを目的に訪問したブラジル、コロンビア、メキシコを経由して、第2戦アメリカズGPの開催地、サーキット・オブ・ジ・アメリカズに乗り込む。

開幕戦カタールGPで10番グリッドから2年連続の2位を獲得したロッシは、ヤマハ・ブラジルの招待を受けて、南半球最大の都市ブラジル・サンパウロを訪問した後、昨年8番グリッドから16.6秒差の6位だった当地に挑戦。

「オースティンに行きたい。特に開幕戦の後で、グッドなシーズンのスタートが切れたけど、このことを確認しよう。昨年はシーズンのバッドなレースの1つだった。今年は戦闘的になれるか見てみよう。オースティンでグッドなリザルトが獲得することは、僕とヤマハにとって大きな意味となるだろう。正しい方向性という意味。戦闘的になれるように全力を尽くす。カタールと同じように楽しみたい」と、戦闘力の高さを確認するための重要な週末であることを説明。

転倒により、2003年以来の開幕戦リタイヤとなったロレンソは、ヤマハ・コロンビアとヤマハ・メキシコの招待を受けて、メデジン、ボゴタ、メキシコシティを訪問。昨年3番グリッドから3.3秒差の3位に進出したトラックで、ポイントを稼ぎに行く。

「大きな失望となったカタールの後で、全てのことを忘れて、グッドなリザルトにトライするために、オースティンでのレースが楽しみ。昨年、僕たちにとってベストトラックではなかった。グリップがなく、レイアウトにバイクを順応させる難しさがあったけど、最終的にレースをマネージメントすることが見つかった。」

「優勝者から僅か3秒差。最終的にグッドなリザルトを獲得した。僕たちのバイクは新しいシームレスシフト・ギアボックスで一歩前進して、シャーシはすごく良いから、ペースはすごく良くなると思う。僕自身はほぼ完璧。身体面は100%。優勝争いにトライすることが大切だ」と、優勝争いに自信を見せた。

Tags:
MotoGP, 2014, RED BULL GRAND PRIX OF THE AMERICAS, Jorge Lorenzo, Valentino Rossi, Movistar Yamaha MotoGP

Other updates you may be interested in ›