Tickets purchase
VideoPass purchase

モビスター・ヤマハのロレンソとロッシは期待膨らむ予選5-6番手

モビスター・ヤマハのロレンソとロッシは期待膨らむ予選5-6番手

初日総合8番手だったロレンソが、公式予選で5番手に進出。ライバル勢の走りとチャンピオンシップを考慮して、3位表彰台を目標に設定すれば、初日総合5番手のロッシは6番手。ペースが良くなり、決勝レースに期待を膨らませた。

モビスター・ヤマハ・MotoGPのホルヘ・ロレンソは、第2戦アメリカズGPの公式予選2で5番時計を記録。バレンティーノ・ロッシは6番時計を刻み、両雄が揃って2列目から決勝レースを迎える。

初日総合8番手のロレンソは、フリー走行3で2分04秒台を6回記録して、1.129秒差の7番手。フリー走行4で2分04秒台を3回記録して、1.090秒差の7番手。公式予選2では、2分03秒台を3回記録して、ポールポジションタイムから0.470秒差の5番手だった。

「最初のプラクティスからの進歩は大きい。トップから2秒差だったけど、今はコンマ5秒差。明日はハードなレースになるだろう。僕たちの目標は、3、4位争い。僕たちのライバルは非常に強いから、可能な限りのベストリザルトを獲得することが必要。表彰台でフィニッシュできれば、グッドだろう」と、2年連続の3位を目指すことを説明。

初日総合5番手のロッシは、午前のプラクティスで2分04秒台を7回記録して、1.265秒差の10番手に後退。午後に2分04秒台を5回記録して、1.007秒差の5番手に再浮上。タイムセッションでは、2分03秒台を2回記録して、0.471秒差の6番手だった。

「今日の予選が嬉しい。午前のプラクティスからバイクを改良することができ、予選は速かった。4度目のプラクティスで一歩前進して、予選を楽しんだ。2列目が嬉しい。全てが悪くない。トップからコンマ4秒ということも嬉しい。ペースはグッド。あとコンマ数秒を詰めるために、働かなければいけないけど、明日は僕たちにとってグッドな1日になるかもしれない」と、決勝レースへの期待を膨らませた。

Tags:
MotoGP, 2014, RED BULL GRAND PRIX OF THE AMERICAS, Jorge Lorenzo, Valentino Rossi, Movistar Yamaha MotoGP

Other updates you may be interested in ›