初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

NGM・フォワード・レーシングのエスパルガロ兄が2戦連続の1桁完走、エドワーズはリタイヤ

NGM・フォワード・レーシングのエスパルガロ兄が2戦連続の1桁完走、エドワーズはリタイヤ

開幕戦で自己最高位を獲得したエスパルガロ兄が、今度は公式予選でベストグリッドを獲得。2戦連続してシングルフィニッシュを達成すれば、今季限りで引退を表明したエドワーズが、最後のホームレースで技術的な問題が発生して、リタイヤを余儀なくした。

NGM・フォワード・レーシングのアレックス・エスパルガロは、第2戦アメリカズGPの決勝レースで自己最高位となる4番グリッドから9位。2戦連続して、シングルフィニッシュを決めれば、コーリン・エドワーズは、19番グリッドから最後のホームレースでテクニカルトラブルが原因でリタイヤを強いられた。

開幕戦カタールGPで自己最高位となる4位に進出したエスパルガロ兄は、フリー走行1から2番手、6番手、12番手、12番手。公式予選1で2番手だった後、公式予選2で2分03秒台を1度記録して4番手、通算3度目の1列目に進出。

ウォームアップ走行で13番手だった後、決勝レースでは、ファクトリーオプションから引き離されたが、オープンオプションの2番手に13.1秒差のアドバンテージを広げて、9位に進出。

「ウォームアップ走行でチャタリングが理由で難しかったけど、決勝レースでも同じことが起きてしまった。プッシュすることができず、無理せずに、完走して、ポイントを稼ぐことに集中した。欲求不満だけど、これ以上の走りは不可能だった。次戦に自信がある」と、ファクトリー勢に接近できなかった理由を説明。

今季末限りで現役からの引退を発表したエドワーズは、フリー走行総合17番手。公式予選1で9番手。決勝レースでは、15番手走行中のラスト4ラップにマシンがストップ。

「週末は(コーナリングが上手く行かない)問題に悩まされ、フロントタイヤにも問題があり、状況が一層難しくなった。ラスト4ラップにインジェクションの燃料圧力に問題が発生して、バックストレートでバイクが止まってしまい、そこで僕のレースが終わってしまった」と、同じ問題を繰り返さないために、原因を追求することを付け加えた。

Tags:
MotoGP, 2014, RED BULL GRAND PRIX OF THE AMERICAS, Aleix Espargaro, Colin Edwards, NGM Forward Racing

Other updates you may be interested in ›