Tickets purchase
VideoPass purchase

第3戦アルゼンチンGP:Moto2™クラスプレビュー

第3戦アルゼンチンGP:Moto2™クラスプレビュー

開幕からタイトル有力候補の走りを見せるラバットが、オフィシャルテストに参加した初開催地、アウトドルモ・テルマス・デ・リオ・オンドにポイントリーダーとして登場。前戦の初優勝を挙げたビニャーレスをはじめ、カリオ、ルティ、コルシ、エジャーター、中上らの挑戦を受ける。

第3戦アルゼンチンGPは、アウトドルモ・テルマス・デ・リオ・オンドで25日に開幕。27日に決勝レースが行われ、エステベ・ラバットがポイントリーダーとして乗り込む。

開幕戦カタールGPでプレシーズンのテストを再現するように、ポール・トゥ・フィニッシュを決めたラバットは、第2戦アメリカズGPで、2戦連続のポールポジションから週末に抱えていたギアボックスの問題が再発して、1速を使用できない状態だったが、2年連続の2位に進出。

昨年キャリア初のポールポジションから初優勝を挙げたヨーロパラウンドの開幕、ヘレス・サーキットでの第4戦スペインGPを前に、昨年7月に当地で開催されたオフィシャルテストに参加したアドバンテージを活かしたいところ。

中量級の2戦目で初優勝を挙げたマーベリック・ビニャーレスは、7ポイント差のランク2位に浮上。新しいサーキットへの順応性は、2011年の参戦1年目に実証済み。ポイントリーダーとのポイントギャップを詰めに行く。

前戦で古傷の左肩痛が再発したランク3位のミカ・カリオ、昨年負傷欠場しながら、サーキット・オブ・ジ・アメリカズに素早く順応したランク4位のトーマス・ルティ、準備不足を克服して、2連続してトップ5に進出したランク5位のシモーネ・コルシ、ポイント連取の記録が途切れた後に自己最高位タイを獲得したランク6位のドミニケ・エジャーターらは、今季初優勝、表彰台を目指す。

2014年型のシューターに適応できず、オフィシャルテストから厳しい展開が続いているニコラス・テロールは、中量級で初優勝を挙げたサーキット・オブ・ジ・アメリカズでの巻き返しを図ったが、オープニングラップでの多重クラッシュの影響を受けた後に、エンジントラブルでリタイヤ。今週末は、昨年参加したオフィシャルテストの経験を活かして、仕切り直しを図る。

日本勢は、前戦で11位だった中上貴晶と20位だった長島哲太が、素早い順応性が要求されるトラックで、上位進出、ポイント圏内の進出を狙う。

FIM・CEV・レプソル・インターナショナル・チャンピオンシップに参戦する地元出身のサバスチャン・ポルトとエセキエル・イトゥリオスが、ワイルドカードとして参戦を予定している。

Tags:
Moto2, 2014, GRAN PREMIO RED BULL DE LA REPÚBLICA ARGENTINA

Other updates you may be interested in ›