初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ドゥカティのクラッチローが負傷欠場、ドビツィオーソはモチベーション大

ドゥカティのクラッチローが負傷欠場、ドビツィオーソはモチベーション大

前戦で転倒リタイヤを喫したクラッチローが、右手小指を手術。昨年7月のテストに参加したアルゼンチンでのレースを楽しみにしていたが、リハビリに専念するために、欠場を決断。テストライダーのピロが、前戦の表彰台獲得でモチベーションが高いドビツィオーソのチームメイトに指名された。

ドゥカティ・チームは21日、今週末にアウトドルモ・テルマス・デ・リオ・オンドで初開催される第3戦アルゼンチンGPに、前戦アメリカズGPで負傷したカル・クラッチローが欠場することを発表。25戦ぶりに表彰台をもたらしたアンドレア・ドビツィオーソのチームメイトに、テストライダーのミケーレ・ピロを起用する。

昨年7月に当地で開催された2日間のオフィシャルテストに参加したクラッチローだったが、前戦の決勝レースで転倒を喫した際に右手を強打。その際に右手小指を脱臼したが、2日後の15日にカリフォルニア州のサンディエゴにある病院で精密検査を受けた結果、骨折を確認。ボルトで固定する手術を受けたが、ブレーキレバーをコントロールする際に問題が出ることから、イギリスに帰国することを決断。来週末の第4戦スペインGPに向けて、治療とリハビリに専念することになった。

「申し訳ない。アルゼンチンで走りたかった。火曜にレントゲン検査を受けた結果、まだ右手の小指が脱臼していて、小さな骨折が見つかったから、医師が固定するために1本のボルトを挿入することを判断した。残念だけど、まだ右手が痛み。今週末に走る状態ではない。リハビリを続けるために、イギリスに戻る。ヘレスに向けて、全ての可能性を尽くすつもりだ」と、欠場の理由を説明。

チームは、第4戦スペインGPでワイルドカード参戦を予定するテストライダーのピロの招集を決断した。

サーキット・オブ・ジ・アメリカズで開催された前戦で、2012年9月の第14戦アラゴGP以来、24戦ぶりに表彰台を獲得したドビツィオーソは、「リザルトが示すように、僕とチーム全員にとって、すごく良かった。非常に厳しく、消耗戦だったレースで、3位は特別な満足感をもたらしてくれた。ほぼ不可能のような思われた結果を獲得できたことは、本当に気分が良い。僕たちは懸命に働き、常にベストなことを引き出すようにトライしている。」

「テルマスに行こう。ほぼ全員にとって新しいサーキット。何が待っているのか分からないけど、僕は新しいサーキットで走るのが好き。モチベーションが高い」と、意気込みを語った。

Tags:
MotoGP, 2014, GRAN PREMIO RED BULL DE LA REPÚBLICA ARGENTINA

Other updates you may be interested in ›